2018年 9月 26日 (水)

日本ハム・大谷、順調な回復ぶりを栗山監督にアピール 遠投、階段ダッシュも

印刷

   左太ももの肉離れで、4月9日(2017年)から戦線離脱しているプロ野球・日本ハムの大谷翔平選手(22)が順調な回復ぶりを見せているそうだ。

   「ハイパー二刀流」(番組ナレーション)の大谷は昨日(5月24日)、千葉県鎌ケ谷市で行われた二軍の練習で、遠投やマシン打撃を行い、さらには球場の階段をダッシュで上るなどし、視察に訪れた栗山監督の前で回復ぶりをアピールしたという。

「最短で帰ってこい」と栗山監督

   「元気そうだったのでよかった。『とにかく急げ』『とにかく最短で帰ってこい』と言いました」(ひさしぶりに大谷に会ったという栗山監督)

tv_20170525125124.jpg

   「(大谷の練習映像を)見てると、もう大丈夫なような感じがしますけどね」(石井大裕・TBSアナウンサー)

   「そんな気がしますが、どうなんでしょう」(夏目三久キャスター)

似顔絵 池田マコト

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中