今年は8月になるほど猛暑に!西日本中心に梅雨は大雨 気象庁の3カ月予報

印刷

   「今年の夏は『スーパー猛暑』になりそうです」(夏目三久キャスター)

   群馬県館林市で21日(2017年5月)、気温が35度を超える猛暑日を記録するなど、「このところ、全国的に夏のような暑さが続いている」(夏目)が、昨日、気象庁が発表した6月~8月の3カ月予報をもとに「あさチャン!」が伝えるところによると、今年の日本の真夏は猛暑になる見込みだという。

   6月の気温は全国的に平年並みか高い、7月は北日本・沖縄で平年並みか高い、8月は沖縄、奄美をのぞいて高いとの予測だそうだ。降水量は7月に西日本を中心に平年並みか多く、またフィリピンのあたりの海面水温が高いため、台風が発生しやすいという。

tv_20170525181412.jpg

   「まとめますと、暑さは8月になるほど猛暑。梅雨は西日本を中心に大雨。そして台風も多く発生するかもしれません。この夏は注意すべきことがたくさんありそうです。お気を付け下さい」(気象予報士井田寛子)

似顔絵 池田マコト

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中