単独犯でなかったマンチェスターの自爆テロ 男女6人と容疑者の家族を拘束、背後に組織か?

印刷

   イギリスのマンチェスターのコンサート会場で起きた自爆テロで捜査が進む。イギリスの捜査当局はきのう24日(2017年5月)、新たに男女6人の身柄を拘束したと発表、リビアの当局も実行犯のサルマン・アベディ容疑者(22)の父親(51)と弟(20)を拘束した。当初は単独犯とされていたが、組織的な広がりの様相を見せ始めた。

   リビアからの難民を両親に持つアベディ容疑者は、マンチェスターの大学で経営学を学んでいたが、過激派組織IS(イスラム国)に傾倒して、自宅に引きこもっていたという。その自宅に警察は23日(2017年5月)、ドアを爆破して突入し、アベディ容疑者の兄(23)を拘束した。

イギリスは最高レベルの警戒

   ISは「十字軍への攻撃」と犯行声明を出し、イギリスのメイ首相は警戒を最高レベルに引き上げた。公共放送BBCは「アベディ容疑者はべつの者が作った爆弾の運び屋だった可能性がある。首謀者はほかにいるのではないか」と報じた。

tv_20170525112849.jpg

   司会の小倉智昭「このままではテロが激化することも考えられます。過激な連中がおいつめられて、ちらばった先で人の集まるところがやられる恐怖がある」

   キャスターの菊川怜「イベントの客足が遠のいたりすると、なんとなく暗いムードになります」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中