加計学園獣医学部「内閣府に押し切られた」文科前次官が暴露

印刷

   学校法人「加計学園」が愛媛・今治市に建設中の獣医学部認可をめぐって、内閣府から文部科学省へ圧力があったとされる問題で、前川喜平・前文科事務次官はきのう25日(2017年5月)、会見を開き「総理のご意向」と記した文書は「確実に存在していた」と話した。「専門教育課から受け取った文書に間違いありません。あったものをなかったことにはできません」という。

   さらに、「(加計学園優先が)関係者の暗黙の共通理解としてあったのは確か」「最終的には、内閣府に押し切られたと、私は思っています」といい、「官邸、内閣官房、内閣府といった政権の中枢からの意向、要請といったものには『逆らえない』、そういった状況があります」と語った。民進党などが求めている国会証言についても、「証人喚問があれば参ります」とした。

怪文書と言えなくなった首相官邸

   前川元次官は東京・新宿の出会い系バーに出入りしていたという読売新聞記事については、「行ったことは事実です」と認めた。「経緯を申し上げれば、女性の貧困を扱ったテレビ番組を見て、実際にその人たちに会って話を聞きたいと思いました。そういう関心からです」「店を探して行ってみました。子供の貧困と女性の貧困はつながっているなとわかったし、役に立ちました」と説明した。

tv_20170526145316.jpg

   司会の羽鳥慎一「文書の存在を認めたということですね」

   テレビ朝日政治部の細川隆三デスクは「官邸もさすがに怪文書とは言わなくなりました。文書があったことは動かしがたい。検証が必要です」

   羽鳥「前川さんも会見で、探そうと思えば探せますよと言っていましたね」

   文科省の元官僚・寺脇研氏は「問題はそこに書かれたやり取りがあったかどうかです」

   細川「行政が歪められたと言っていますから、そこの検証ですよね」

読売新聞「出会い系バー出入り記事」相殺狙い?

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「政策が歪められたのかどうか、次官の発言は重いですよ。読売が書いたスキャンダル、菅官房長官の『(前川氏は)地位に恋々とした』といった個人攻撃的な発言で加計疑惑を相殺できるとでも思っているかのようですが、それは別問題ですよ」

   羽鳥「森友学園の籠池さんと一緒。こんな人だから信用できないと」

   吉永みち子(作家)「官邸も余裕がなくなって、個人攻撃になってるような印象を持ちます」

   寺脇「前川さんは官邸を攻撃してるわけじゃない。内閣府が強引すぎるんじゃないのと、役人同士の話なんですよ。官房長官は役人をたしなめる立場なのに、受け止めてしまっている。本質を誤ることになりかねません」

   番組では獣医学部の認可そのものがルールを外れていたことも示された。やっぱり証人喚問やってもらいたい。嫌がる奴は怪しい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中