ファッション対決はトランプ夫人の勝ち

印刷

   国際政治の世界は、G7の話題で持ち切りだが、タブロイド紙的には、各国首脳の奥様たちの話題が美味しいようだ。例えば、"Natoの妻たち"とタイトルのついた画像が週末のネットでまたたくまに世界中に拡散し、タブロイド紙でも話題に。

   その写真というのは、5月25日夕刻、NATO(北太平洋条約機構)会議恒例の加盟国首脳の配偶者晩餐会のために会場となったブリュッセルのラーケン王宮に、一同に会したNATO加盟国首脳の妻たちの集合写真なのだが、確かに話題満載だ。まずは注目の米大統領夫人、メラニア・トランプさんと、フランス大統領となった夫エマニュエル・マクロン氏と24歳差の超年上妻、ブリジットさん。二人のファッション対決に注目が集まったが、これは元モデルのメラニアさんが圧勝だったようだ。

さすが元モデルのメラニアさん

   昼間はベージュ革製の細いウエストを強調したスーツ、そして夜はDolce & Gabbanaのカクテルドレスで登場のメラニアさんは、元モデルだけあって、さすがファッションで魅せることにかけてはプロ。ただDolce & Gabbanaの肩出しドレスは、「ちょっとやり過ぎ」との声も。一方、ファッションの国、フランスの威信にかけてブリジットさんも頑張っていた。自慢の長い足を強調するパリジャンシックな黒のルイ・ヴィトンのミニドレスを若々しく着こなしていたのだが、ネットでは「ティーンエイジャーみたいなファッションが痛々しい」などの陰口も見受けられた。

   もう一つの話題は、妻たちの多様性。シャルル・ミシェル・ベルギー王国首相とパートナー、アメリーさんや、スロベニアのミロ・ツェラル首相と、お相手モイツァさんなどは、事実婚カップルだ。そして女性たちに混ざってセキュリティパーソンと間違われそうだった勇気ある男性は、ルクセンブルグ首相と2015年に同性婚して話題の"ファースト・ジェントルマン"、ゴチエ・デスネーさん。意地悪なネットメディアは、不機嫌そうにデスネーさんから目をそらすイスラム教徒のトルコのエルドガン大統領夫人の写真を茶化して掲載していたが、ネット住民からは「面白い」「こういうの大好き」など、けっこう受けていたようだった。

Noriko Fujimoto(セレブ評論家)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中