2019年 11月 16日 (土)

田中哲司「妻・仲間由紀恵の居ぬ間に3年目の浮気」著名ヘアスタイリストと密会

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   週刊文春恒例(なぜこんなものをやるのか理解できないが)の「好きなアナ、嫌いなアナ」。好きな女子アナは、上から水卜麻美、加藤綾子、夏目三久、有藤由美子、桑子真帆。男のほうは安住紳一郎、桝太一、羽鳥慎一、武田真一、富川悠太。嫌いなベスト3は、女子は加藤綾子、田中みな実、水卜麻美。男は宮根誠司、上重聡、古館伊知郎。女子の場合、好きと嫌いが紙一重のようだ。

    ジャニーズ事務所の「KAT-TUN」の元メンバーだった田中聖(31)が大麻取締法違反で逮捕されたが、週刊文春はジャニーズ事務所にはこれまでもこれからも不良たちがたくさんいると「不良列伝」をやっている。ガキのうちにチヤホヤされ女が群がってくれば、まともには育たないこと無理はない。

    可哀そうなのは、アイドルを卒業してからのほうがずっと人生が長いということだ。世の中を舐め切った元悪ガキが世間の荒波にもまれて生きていくのは容易ではない。ジャニーズ事務所を辞めた何百、何千の元アイドルの「その後」を追いかけたらおもしろいノンフィクションが書けると思うのだが。

    渡辺謙が週刊文春に「ニューヨーク不倫」を撮られてから、どうしているのか。週刊文春によれば、来年のNHK大河ドラマ「西郷どん」に謙が内定しているのだが、この不倫について謙が何も話さないので、NHK側も発表できなくて困っているという。謙さん、ラストサムライらしくないぜ。

]

    フライデーが仲間由紀恵の亭主・田中哲司が3年目の浮気をしていると報じている。<GW真っ只中の夜、閑散とする都内の高級住宅街を歩く異様な風体の男がいた。ハットを目深に被って顔の上半分を隠し、巨大マスクで残る下半分をカバー。しかも俯いて歩いているので、外からはまったく顔が見えない。それでいて服装はアディダスのジャージにトレパン、裸足にサンダルと若々しく、しかも手ぶらだ。

    映画『エルム街の悪夢』を彷彿とさせる"怪人"は、ほとんど人気のない大通りに出ると、ヌッと手を挙げた。そしてタクシーを拾うと、そこから10分ほど走った先で車を停めた。怪人の正体は俳優の田中哲司(51)。ドラマに引っ張りダコの売れっ子バイプレイヤーであり、国民的女優、仲間由紀恵(37)の夫である。実はこのGW、仲間は仕事で日本を離れていた。妻の居ぬ間にコッソリ、何者かと密会していたというわけだ。妻の不在を見計らい、しかも変装までして、会いに行ったのは木所雅子氏(仮名)――日本が誇るヘアスタイリストだった。

    4月スタートのドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」に出演中の田中。仲間が妊活に励んでいると言われているいま、「3年目の浮気」が発覚となれば、それこそ間違いなくクライシスだ――>(6/2配信のFRIDAYより)

    妻が妊活中で、しかも知名度も抜群とあれば、男はほかに手を出したくなる気持ちはわからないでもないが、この後が大変だろうな。

エマ・ワトソンがすすめる「女のオナニー」サイトの迫真

    不倫問題が出たついでといっては何だが、週刊現代があのエマ・ワトソンも愛用する「女のオナニー」探求サイトが凄いという特集を組んでいる。<動画の再生を始めると肩まで伸びた亜麻色の髪、健康的な褐色の肌。そしてムチムチとした肉付きの良い女性がベッドに腰掛けている。彼女はおもむろに白のワンピースを脱いで、股を大きく広げると自身の秘所に手を伸ばした。 「私のホットスポットはクリの右上よ。でも敏感スポットってすぐに変わっちゃうから、 軽めの圧をかけながらピンとくる場所を探すの」

    そう言って彼女は、人差し指をクリトリスから、膣内に滑り込ませ、女性器全体を刺激し始めた。感じているのか、顔は少し紅潮気味だ。動画は無修正で、彼女のぷっくりとした陰唇、撫でられる度に見え隠れするパールピンクの膣、愛らしいクリトリス、その全てが鮮明に映っている。 「気持ちいい場所を見つけても、愛撫の手をときどきストップさせて焦らせて欲しい。良いオーガズムを得るための必須条件ね」

    約3分の動画が終わるまで彼女は自身の性感をあけっぴろげに解説しながら、「オナニー」を続けていったーー。

    これは先日、日本版がスタートした米国発、女性のオーガズムを追究するウェブサイト「OMGYES」(オーエムジーイエス)で楽しむことができる動画だ。実はこのサイト、イギリスの女優エマ・ワトソン(27歳)が絶賛したとして、にわかに話題になっている。

    エマ・ワトソンと言えば、映画「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー役で一躍有名になり、アメリカの名門ブラウン大学を卒業した才色兼備の女優。現在も大ヒット中のディズニー映画「美女と野獣」の主人公ベル役を好演し、活躍中だ。そんな世界的美女がこんなエッチなサイト? と思うかもしれないが、エマはこのOMGYESについて昨年、こう話している。 「女性の性に特化したOMGYESというサイトを友人が教えてくれたの。このサイト、もっと前からあればよかったのに・・・。是非皆にもチェックしてほしい、見る価値があるサイトよ。絶対にオススメ」>(週刊現代)

    現在、このサイトでは女性を快楽に導くための12種類のプレイが用意されているそうだ。冒頭の動画は無料サンプルでも閲覧できるらしい。見てみますか。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中