正月特番を今ごろ見せられて違和感ばかり!おせち、晴れ着、終わった舞台
〈さんまのまんまSP〉(フジテレビ)

印刷

   日曜夕方、テレビ欄に「さんまのまんまSP」とあったので、久々に「さんまのまんま」の特番が見られるのか、とチャンネルを合わせたところ......。テーブルにはおせち料理にお屠蘇、そして、ニワトリの絵と置物。出てくるゲストは晴れ着姿って、いったいどうなっているの!? と思って調べて見たらなんと今年の1月2日に放送された「新春大売り出し さんまのまんま」の再放送だった。
   最初のゲスト、高畑充希は4月から始まる舞台の話、次のゲスト、ピース綾部は、アメリカで夢破れて帰ってきたら、さんまのレギュラー番組に出演させてくれるようにと誓約書をお願いするなど、話題がもうズレまくり。舞台はとうに終了しているし、綾部はアメリカに行ってしまったわけで、そんなものを今更見せる意味って何?
   唯一、見られたのは3番目のゲスト、狂言師・野村萬斎のところ。狂言で使う数百年前の貴重なお面を持参し、狂言の歴史をわかりやすく説明。さんまに乗せられ、「最初のデートはディズニーランドでした」と奥様との恋愛時代の話などプライベートを語る萬斎は貴重。
   その後、晴れ着姿の井上真央が登場したものの、ほとんど喋ることなく番組は終了。本放送の際には、この後、恒例の「今田耕司オススメ芸人コーナー」があったのにカットされてしまったらしい。ここが一番面白いところなのに。季節はずれの再放送は違和感しかない。こんなものを放送するくらいなら、いっそ電波を止めては? (放送 2017年6月4日16時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中