おばさまたちに人気絶大「栃木のプリンス」転落 ストレス解消のため女子高生に走り逮捕

印刷

   栃木県・那須塩原の温泉ホテルで、「栃木のプリンス」と人気の高かった演歌歌手が5日(2017年6月)、児童買春の容疑で逮捕された。16歳の女子高生にいかがわしい行為をしたのだという。宿泊客にはファンも多く、テレビなどで話題にもなっていたというのに、一体何があった?

   逮捕されたのは、宇都ノ宮晃=本名:大友勝二(44)。塩原温泉のホテル、ニュー塩原の専属歌手だった。逮捕容疑は、児童買春・ポルノ禁止法違反など。「ブルセラサイト」で知り合った16歳の女子高生に3月、渋谷のホテルで4万円を渡し、わいせつな行為をし、下着一枚を買い取った疑い。

   調べに容疑を認め、「仕事のストレスを解消したかった」と言っているという。

   実は「とくダネ」は3年前、若手演歌歌手ブームを担うひとりとして、取材していた。ショーには毎日約150人、月に約4000人の宿泊客を呼び込んでいた。客の多くは中高年の女性たちで、ほとんどがリピーター。「アキラ」という黄色い声もかかっていた。

おひねりで生計

   しかし、給料はなし。客がかけてくれるレイ1個500円と割り箸に挟んだおひねりが収入だった。レイは、日に150人が勝ってくれれば、月に180万円になるのだと言った。ファンサービスもいいわけだ。

デーブ:もったいない

   宇都ノ宮晃容疑者は、北海道の出身。父の夢をかなえるため歌手になり、2012年から栃木の温泉ホテルの専属に。土曜日を除く週6日、50分の歌謡ショーに出演していた。目標は、紅白出場だという。

努力家の「マダムキラー」

   人となりは、「努力家」「マダムキラー」。バスから降りる客1人ひとりに挨拶をして、ファンの名前、顔も覚えていて、下の名前で呼びかけたり。それだけに、おばさまたちからの人気は絶大だった。それが「児童買春」だ。

   4日、ショーは中止になり、ホテルを訪れたファンは絶句した。「ええ、ウソ? 辛いですね」「ショックです。なんでそうなっちゃったのかな」「やっぱりおばさんじゃ、嫌だったのかな?」

   司会の小倉智昭「こつこつと努力して、ホテルに住み込んで、厨房で食事をして、夢である歌手を続けていた。それがなんで、こういうくだらないことになる?」

   深澤真紀(コラムニスト)「北海道なのに、宇都ノ宮と言う名前。晃は日光だと、努力していた人だったようですが、こうなるとね」

   デーブ・スペクター「なんでこんなことするのか。もったいない」

   小倉「やめられないものなのかね。わかりません」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中