2018年 7月 24日 (火)

文科省「総理のご意向文書」再調査!握りつぶしもう無理・・・

印刷

   文部科学省は加計学園問題をめぐる省内連絡文書について再調査するとを決めた。文科省の現役官僚が文書は省内のやり取りだと認めたことが報道されても、菅官房長官は「文部省が再調査しないと決めたのだから」「さまざまな指摘を受けとめて、文科省において必要ないと判断した」「文科省が検討した結果、必要ないと判断した」と、事態の対応と責任を文科省に丸投げした。

tv_20170609115912.jpg

   首相官邸としては「火元の文科省でなんとかしろ!」というわけで、文科省もこのまま省内文書を握りつぶすのは無理と判断したのだろう。

   菊地幸夫(弁護士)「こうせざるを得なくなったのだなということですね」

   司会の加藤浩次「はっきりさせた方がいいのはわかっているということですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中