元プロサッカー選手のコーチが部員に体罰 たたく動画が投稿され、一発解雇!

印刷

   埼玉県越生(おごせ)町のサッカー強豪校の私立武蔵越生高校でサッカー部員の生徒をコーチがたたく動画が12日(2017年6月)、ツイッター上に投稿された。学校側は「体罰だった」と認め、コーチをきのう13日に解雇した。

   学校のサッカー練習場で20人ぐらいの部員がいる中で、1人の生徒がコーチに胸もとを突かれたり、顔を叩かれたりしている。「なんなんだよ、お前」「なめんじゃないよ」などと怒号が飛び、生徒は後ろに押されていく。撮影は先週金曜日の16日、約1分50秒。暴力は少なくとも10回、生徒にけがはなかった。

本人は反省し謝罪

   コーチは30代でこの高校OBで元プロサッカー選手。今年(2017年)4月から外部コーチとして採用されていた。監督は「非常に熱い人物で、兄貴分みたいな形で私の方でコーチを頼みました。手を出してはいけないと分かっているはずだと思っていました。本人は反省した様子で、頭をまるめてやってきました」と話す。

近藤春菜:感情に走った

   コーチ本人に聞くと「指導とは思っていません。体罰になってしまいました。(生徒は)いいものを持っているのに、出し切れていないと思い、感情が出てしまいました。大変申し訳ないと思っています」と謝罪した。

   武蔵越生高校はインターハイに出場経験があり、国体には優勝したこともある。叩かれた生徒はコーチから期待されていたという。

   司会の加藤浩次「いい意味で熱血指導かも知れませんが、あの動画をみたら、ちょっと」キャスターの近藤春菜(お笑い芸人)「感情に走ってしまったなと思いますね」

   小学校からずっとサッカー部だったという加藤「正直言って、昔はこういうことはありましたよ。僕が思うのですが、結局、コーチ側の人が、自分がうまく指導できない苛立ちを生徒にぶつけているだけなんですよ」と分析した。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中