「総理のご意向」を加筆?萩生田光一・官房副長官―官邸が文科省に圧力

印刷

   加計学園の獣医学部新設をめぐる文書はやはりあった。松野博一・文部科学相はきのう15日(2017年6月)に会見して、「民進党などから提示された19の文書のうち14の同内容の文書を確認したが、2つは確認できなかった」と述べた。「これは総理のご意向だと聞いている」「官邸の最高レベルが言っている」という記述があるものも含まれていた。

   文科相は「見つからない」と言っていたことを陳謝し、文科省が「官邸からの圧力」を感じていたことを認めた。

「怪文書」発言の菅官房長官は開き直り

tv_20170616132315.jpg

   文科省は今回は26人からヒアリングし、共有フォルダと個人フォルダを調べた結果だったという。これを受けて、内閣府はあわてて内部調査をすると発表した。これらの文書を「怪文書だ」と言って無視しようとしていた菅義偉・官房長官は、「怪文書という言葉だけが独り歩きしている。極めて残念」と、再調査結果も無視する構えだ。

   司会の小倉智昭「官房長官ってすごいもんですね。『怪文書という言葉が独り歩きしている』と。これ、ご自分でおっしゃったんですよ」

   小倉に比べて、総理官邸の記者たちのなんとおとなしいことか。「ご自分の発言じゃないですか」と追及しない。あの鋭い質問をしつづけた東京新聞の女性記者はいなかったのか。

   小倉「内閣府の調査って、1日でできるようなことだったんですか」

   伊藤惇夫氏(政治アナリスト)「やろうと思えばできる話です。ターゲットは藤原豊・審議官一人ですからね。とはいえ、やっぱり否定するでしょう」

   小倉「文科省のことでも、『官邸の最高レベル』『総理のご意向』で検索したら、200万ファイルからすっと出てきた。だったらもっと早く検索しろよって話でしょ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中