「モスクワ国際バレエコンクール」で大川航矢さん、日本人として24年ぶり金賞

印刷

   「日本人ペアが快挙です」(宇賀なつみアナウンサー)

   世界有数のバレエコンクール「モスクワ国際バレエコンクール」のデュエットで、男性シニア部門の大川航矢さん(25)が日本人として24年ぶり金賞に輝いたそうだ。また大川さんとペアを組んだ女性シニア部門の寺田翠さん(24)も銅賞に入賞したという。

   さらに、男性ジュニア部門のソロで、ロシア人の父と日本人の母を持つ日本人の千野円句さん(18)が日本人として16年ぶりに金賞を獲得したそうだ。

   「すばらしいですよね。このコンクールだけじゃなく、ローザンヌなどでも日本人が毎回、上位に入ってくる。頭が小さく手足が長いのは欧米人の方なので、日本人はやっぱり体型的なハンデがある。それでもこうやって賞を取ったのは、よっぽど技術的にしっかりしたものがあったんだと思います」(「モーニングショー」コメンテーターの浜田敬子ビジネスインサイダージャパン統括編集長))

   「円句さんは若干、ロシア系って感じがするけど、大川さんは日本人ですよね」(「モーニングショー」コメンテーターでテレビ朝日ディレクターの玉川徹)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中