つるの剛士「一番の宝物」の将棋グッズ公開 故・升田幸三の揮毫も

印刷

   タレントのつるの剛士が21日(2017年6月)インスタグラムを更新し、「最近何かと将棋界が話題ですが、僕の将棋部屋にあるお宝です」として自身の将棋グッズを紹介した。

   つるのが写真付きで紹介したのは、

「将棋駒の名産地、山形県 天童市の彫り師国井天竜 さんから、江の島竜王戦の為に寄贈していただいた高級駒(盛り駒)」
「そして、僕の大好きな昭和の大棋士 故 ・升田幸三 先生が昭和32年に当時の全タイトル三冠を持たれていた時の貴重な直筆の揮毫」

の2点。投稿の末尾では、

「たぶん家にある物で一番の宝物だなあ~」

としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中