フジテレビの顔、小倉智昭が人妻記者と密会!?  『とくダネ!』で文春砲・報道を否定したが...

印刷

   今朝(2017年6月22日)、フジテレビの『とくダネ!』をつけたら、冒頭いきなり小倉智昭が「私も文春砲にやられました」と話し出した。

   何でも、20歳以上下の人妻記者と2人きりで食事したり、事務所に入ったまま2時間も電気を消して出てこなかったりしている。「密会」しているに違いないと書かれたという。

   それに対して小倉は、2人きりではなくてマネージャーがいつもいる。事務所にはミニシアターがあり、映画を見ているから暗いのは当たり前などだと弁解した。

   それに僕は膀胱がんだから、そっちのほうはダメだと、いわなくてもいいことまで付け加えたが、目は笑っていなかった。この「古希の恋」は本物なのだろうか。

   だいぶ昔になる。小倉は大橋巨泉事務所にいた。たしかフライデーだったと思うが、小倉が浮気をしているところを撮られたが、何とかしてくれないかという電話が巨泉事務所からあったと記憶している。

   話を聞くと、浮気は事実だが、小倉に謝らせるからボツにしてくれないかというのだった。そこでフライデーに連絡して、話だけでも聞いてやってくれといった覚えがある。掲載されたかどうかは記憶にないが、そんなことを思い出した。

   週刊文春によれば、女性は大手新聞社のA子で40代の人妻、身長170センチほどのスレンダー美人だという。

   小倉は中野坂上で焼き肉屋を経営し、その上が事務所になっている(私の家と近い)。5月31日の午後7時前、黒のキャップに青い柄のシャツを着た小倉が事務所の前でキョロキョロしながらあたりを警戒していた。

   その少し前にA子が中野坂上駅から歩いて来たが、わざわざ反対側の歩道へ渡ったりと、おかしな動き方をしながら小倉の事務所へ入って行った。

   週刊文春によると、A子が訪れるときは決まって、マネージャーをはじめスタッフを全員退社させるそうだ。

   その後、2人は別々に近くのイタリアンレストランへ行き、食事をするが、戻るときにも右、左に別れて事務所へ。約1時間後、小倉がタクシーを拾い、A子の自宅前で彼女を降ろし、自分は練馬の自宅へ帰っていったという。

   フジテレビの関係者によれば、彼女とは食事だけでなく、ゴルフやジャズのコンサートにも連れ出す、小倉の「いつでもそばにいる」存在だそうだ。

   週刊文春が見ている限りでも、1月には4回、そのうち2回は事務所で「密会」しているという。

   小倉は週刊文春の直撃に、耳まで紅潮させて「やましい関係なんてない」「一緒にいて楽しい人、親友」と男女の仲を否定している。ここでも「がんだから、そんなことができる状況ではない」と、いっている。

   親しい新聞記者なら、女性であってもこそこそする必要はないはずである。豪華なシアタールームで映画か音楽を聴いていたというのも、そういうときに備えて「いい訳できる」部屋を作っていたのではないかと邪推できる。部屋の写真を見ると、ゆったりしたソファーが2組あるだけだから、どんなことにも使えそうではある。

   第一、人妻相手に忍んで会ったりして「W不倫」を疑われるような行動は公人として慎むべきであるはずだ。次々に不祥事が明るみに出るフジテレビだが、今やフジの顔ともいうべき小倉のスキャンダルがフジをどん底まで落とすことになるかもしれない。 

小出恵介に同情の余地なし

   小倉は、小出恵介の淫行疑惑について、「17歳少女側から金銭要求があった。そこは問題にならないのか」とコメントした。少女側にも「美人局疑惑」はあるが、小出が17歳と知って「淫行」したことは事実である。小出に同情の余地はないと思う。

   この騒動についてビートたけしが週刊ポストの連載の中で、こういっている。

「未成年との淫行は条例で一発アウトだから、ヤッちゃってる以上、なかなか挽回は難しいよな」

   大体芸能人というのは、一般人からすれば「心の底では腹立たしい存在」だから、そんないけ好かない奴がスキャンダルを起こせば、叩くやつが大勢いるのは当然だ。自分は有名人だから世間はオレのことを好きだろうなんて思っているのが間違いだと厳しい。

   たけしは、「だからオレは、メシは知っている店でしか食べないし、それも個室しか入らない」という。

   食い物でさえそうなのに、初めて会ってヤレそうな女なんてやばいに決まっている。

   人気商売というのは、調子に乗るのが一番怖い。自分にとってかわるやつなんかいない、そう勘違いするからこんなことになるのだといっている。

   きっとたけしも、昔は驕っていた時もあっただろう。だが数々のスキャンダルを起こして叩かれ、こういう心境になったに違いない。

   高倉健などは、髪を切るのも、服を買うのも、飯を食べるのも同じ店だったらしい。ハワイにある健さん行きつけのベトナム料理店には、健さん専用の部屋がある。私も入ってみたが、だだっ広いだけで物置小屋のような無粋な部屋だった。ここで一人黙々と食べていたのかと思うと、健さんの孤独を思ってジンとした。孤独に耐えられず、ちょっとばかりの知名度を勘違いして、何でも許されると錯覚している輩が多くないか。

NHK社会部が安倍政権追い込むスクープ

   さて、NHKが加計学園問題でまたスクープを飛ばした。6月19日の『クローズアップ現代+』で、加計学園の獣医学部新設について、首相側近の萩生田光一官房副長官が文科省局長に、学部新設について「官邸は絶対やるといっている」「総理は『平成30年(2018年)4月開学』とおしりを切っていた」などと、首相の意向を伝えていた内容を記録していた文書の存在が明らかになったと報じたのである。

   萩生田は全否定し、松野博一文科相は内容が不正確だったと萩生田に謝ったが、茶番である。これで安倍首相の指示で萩生田が動いたことが99%証明された。

   その日の夜、安倍首相が記者会見して、支持率が落ちているからだろう、自らが関与していたと疑われている加計学園問題について「政府への不信を招いた」などと珍しくしおらしく謝罪した。そこへ身内だと思っていたNHKが安倍政権を追い込むスクープをものにしたのだ。

ポチの政治部記者は官邸を弁護

   番組には社会部記者と政治部記者が出演し、社会部はこの文書が複数の文科省職員のパソコンに保存されていたこと、内容が正しいことを現役の文科省職員が証言していると、この報道を裏付ける解説をした。

   一方、政治部は安倍官邸の代理人のように、内閣府と文科省とでやり取りはあったが、規制委員会の決定には透明性があると、弁護することに終始した。

   さぞ、官邸のポチを任じるNHK記者たちは、安倍から叱責を受けたことであろう。

   クロ現+は永田町とは距離を置く社会部が中心の番組である。新聞社でも政治部を差し置いて政治問題に社会部が出張ってきたときは、世の中を動かす大ネタをつかんだ時である。 リクルート事件が有名だ。朝日新聞の社会部が動いたが、政治部は「未公開株? そんなことどこの企業でもやっていることだ」と、政界へ広がることなどないと高をくくっていたのだ。

   NHK内部でも、官邸ベッタリの政治部を出し抜き、社会部が表に出てきたことで、朝日、東京、毎日とともに「もり・かけ」問題追及は次のステージへ移るだろう。メディアが独裁政権を倒す。そうなれば、官邸と組んだ政治部が長年牛耳ってきたNHKも大きく変わるかもしれない。

   週刊文春は「首相にとって今回のNHK報道が痛いのは、萩生田氏が自民党東京都連の中心人物ということだ。ただでさえ、都議選の情勢に加計学園問題が深刻な影響を及ぼし始めたところだった」と、この報道の深刻さを伝えている。

首相の健康状態で情報とびかう

   さらに、先週、結婚記念日の深夜に起きた安倍首相の「緊急事態」を報じた週刊新潮が、15日に行われた都内のホテルでの朝食会で、安倍に長く仕えてきた秘書が、当夜、「もともと痛めていた五十肩がひどくなって、診に来てもらった」と、急の来訪者の存在を認めたと報じている。

   続いて週刊ポストが関西在住のジャーナリストのメルマガで、「安倍首相ががんだ」という情報が出回り、9月退陣ではないかという推測も出てきていると報じている。

   政権末期にはさまざまな情報が飛び交うものだが、安倍もそういう時期になったのであろう。

   内閣支持率の急落、加計学園問題の波及、都議選への不安、7月初めからのG 20 と続くのは、第一次政権を投げ出した当時と酷似している。

谷垣禎一前幹事長の政界復帰は?

   そうなればポスト安倍の争いが激化してくるはずだが、本来、そのキーマンになるはずだったのが谷垣禎一前幹事長である。

   谷垣は自転車事故で「頚髄損傷」という重大な傷を負い、手術を経てリハビリ中だが、週刊ポストがその姿をカメラに収めた。

   写真を見ると、まだ回復途上のようだが、頭はしっかりしていて、目撃したところによると、食事も右手で食べ、介護者はついていないという。

   杖を使って歩くリハビリをしているというから、政界復帰は可能ではないかと報じている。

   そうなると、谷垣が所属している宏池会(岸田派)と合併して保守本流を再結集し、キングメーカーを目指している麻生太郎と、谷垣はどうするのか。

   車いすに乗ってでも谷垣が復帰し、もともと安倍嫌いの谷垣が麻生と手を組み、反安倍勢力をつくることになれば、あっという間に安倍一強時代は終わりを告げるはずだ。

読売の「出会い系」報道に読者から批判

   週刊文春は、前川前次官の「出会い系の店通い」を報じた読売新聞が、読者からの厳しい批判にさらされ、記事当日から1週間分の意見がまとめられた内部資料「東京・読者センター週報」を手に入れたという。

   それには東京・大阪・西部3本社に寄せられた読者の意見を紹介したもので、加計学園と前川前次官関連は594件。北朝鮮問題が61件だから、その多さがわかるはずだ。

   そのうち9割近くが批判的な意見だという。しかもこの記事は、現役の読売の記者にいわせると、白石興二郎会長が社長の時、第三者機関で事前に記事を審査するシステム「適正報道委員会」を作ったが、そこを通していないというのである。

   官邸のリークの疑いがあり、買春の裏も取れていない、前川本人の話も聞けていないのでは、通さなかったのではなく、通せないからスルーしてしまったということであろう。

   だが、この記事を読んで、匿名で内部を批判する記者はいるが、堂々と名前を出して批判する、こんな社は辞めてやるという記者がなぜ出てこないのだろう。

   今一度、本田靖春が正力社主の新聞私物化に対して声を上げ、社を辞した理由をあげておく。

   「自分が現に関わっている身内的問題について、言論の自由を行使できない人間が、社会ないし国家の重大問題について、主張すべきことをしっかり主張できるか」(『我、拗ね者として生涯を閉ず』より)

下り坂の週刊誌部数

   閑話休題。最新のABC交査が出たので紹介しておこう。

   週刊文春は家の光(約56万部)に続いて第2位の約43万部。だが、前期比で比べると97.99%と、去年から下り坂である。

   第3位が週刊現代で約31万部。これも前期比では97.16%。週刊新潮は約26万部で、前期比95.20%。週刊ポストが約25万部だが、前期比は101.26%とやや増加。

   フライデーが約14万部で101.73%。週刊プレイボーイが約10万部で106.02%。FLASHが約9万部で99.98%。週刊朝日が約8万部、90.98%。週刊アサヒ芸能が約6万部で90.52%。AERAが約5万部、92.52%。

   サンデー毎日が約4万4000部で81.43%。ニューズウィーク日本版が約3万4000部で96.44%。

   これがデジタルになるとガラッと変わる。デジタル版の部数は日経ビジネスが断トツで3万7405部。他は文藝春秋が3333部。

   読み放題だから「dマガジン」のようなものだろう、フライデーが約30万部。FLASHが約22万部で、3位に週刊文春で約17万部である。

   12位に週刊ポストが約13万部で週刊現代の約12万部を抜いている。これからはデジタルでどれだけ読まれているのかを無視するわけにはいくまい。

次の元号は「感永」「喜永」説

   最後に、天皇の生前退位がようやく決まったが、そうなると気になるのは平成の次の元号である。

   週刊ポストによると、元号は中国の古い書物を参考にすることが多いという。元号は、国民の理想としてふさわしい、漢字二字、書きやすい、読みやすい、これまで使われていない、俗用されていないことなどを勘案してつくられるそうだ。

   週刊ポストは「感永」「喜永」ではないかと推測する。国文研究資料館の相田満准教授は、めでたいことの予兆として見える星、「徳のある人」という意味の「景星」ではないかと予想している。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中