2018年 9月 25日 (火)

いま最も視聴率がとれる「梅沢富美男」「滝沢カレン」番組制作スタッフに愛される共通点

印刷

   ここのところ、梅沢富美男さんと滝沢カレンさんをテレビ番組でよくお見かけする。バラエティーにご出演された時の破壊力がスゴイのは、みなさんもよくご存知でしょう。

   頑固おやじでガミガミ正論をぶっ放す梅沢さんですが、女に弱い、浮気癖がヒドイなどダメおやじ部分満載で、なんだか許せちゃう。単なる嫌なおやじにならないのがスゴイところです。同じ頑固おやじでも、ネジネジおじさんよりも親しみやすい感じが出ているのが、愛される理由なんじゃないでしょうか。

   滝沢カレンさんはカッコいいオシャレな憧れの存在としてテレビに登場し、最初はどこにでもいるハーフモデルの一人だったのですが、いざ彼女が喋ってみると独特な日本語を使っている。食レポをさせると独特な表現を使う。料理上手という意外性やトンチンカンな歌を作って歌うという離れ技まで披露します。美人で画力があり、摩訶不思議なトークで尺がもつ。てれび番組に引っ張りだこになるワケです。

だれが数字を持っているか?キャスティングは難しい

   お二人を礼賛してまいりましたが、ここで本題。いまどき、あの人が出ているからこの番組を見ようという気持ちにさせる出演者はどのくらいおいででしょうか。なかなかいないような気がしてなりません。

   かといって、誰でもいいわけではない。話題性のある方をキャスティングすれば、視聴率は上がると思うのですが、それがどなたなのか、これが難しい問題です。日経トレンディとオリコンの調査だけではわからないのです。

   番組の目玉となる方をどう選ぶのか。昔は冠番組が多かったと思うのですが、最近少ないのも、そういった事情かもしれません。新番組で冠をつけられるのはアイドルぐらいしかいないでしょう。キャスティングって本当に悩みドコロです。

モジョっこ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中