藤井四段、新記録の29連勝 「天才の寄せ」「めちゃめちゃ強い」と解説者も興奮

印刷

   中学生棋士の藤井聡太四段(14)が、昨日26日(2017年6月)行われた竜王戦決勝トーナメント初戦で勝ち、30年ぶりに公式戦連勝記録を29と更新した。しかもデビュー以来無敗は前例がない。記録はなおも続く。14歳が歴史を変えた。

   小倉智昭も「初めて将棋の中継を見ました。まあ、ゆっくりで」という。

   その将棋チャンネルの解説者2人が「うーん、これは驚きましたね。やっぱり天才の寄せかもしれません」「すごい手ですね」「これが成立して勝ったら、めちゃめちゃ強いですね」と興奮していた。

   決着がついたのは、対戦開始から11時間半経った午後9時24分。対戦相手の増田康宏四段(19)が「参りました」といった。増田四段も「東の天才」と呼ばれる新星。将棋界に10代棋士はこの2人しかいない。

   藤井四段の出身地、愛知・瀬戸市では、ウォッチしていた市民がバンザイ、バンザイ。東京都心では、号外が出た。「将棋で号外」なんて前代未聞だ。

   将棋会館では、試合直後の感想戦、会見が大変だった。詰めかけた報道陣はざっと100人。カメラのシャッター音が言葉をかき消してしまう。

   藤井四段は、「途中苦しくしてしまったので、最後はなんとか食いついていってって感じだった。自分でも信じられない。非常に幸運でした」といった。一方の増田四段は、「中盤しのげるかなと思っていたんですけど、意外と攻めが厳しくて、それで悪くしてしまった」と言っていた。

加藤九段は「完璧、圧勝」と祝福

tv_20170627122405.jpg


   加藤一二三九段(77)は、藤井四段の連勝の最初の対戦相手だった。観戦した感想は、「攻め合いになってからは、完璧だった。圧勝」だったと。また羽生善治三冠(46)は、「将棋界の新しい時代の到来を象徴する出来事になりました。檜舞台で顔をあわせるのを楽しみにしています」とのコメントを出した。

   スタジオには将棋界のダジャレ王、豊川孝弘七段。「藤井四段が強かった。もう少し競り合いになるかと思ったが、加藤九段のいうとおり圧勝といっておかしくない」

   小倉「増田四段が押している局面もあったと言ってましたが......」

   豊川「同じプロが気づかないうちに、いとも簡単に勝ってしまうところが恐ろしさなんですねぇ」。と、そこでダジャレ。「29いほどの強さ」とあった。

   この後、藤井四段が指した「決め手」を解説したが、「普通のプロはまず指さない手」だった。「いろいろプロが解説していたが、終わってみたら、あれ? という、それが終盤の強さというのか」

   勝負めしも話題になった。

   小倉「食事は別の部屋でする?」

   豊川「同じ部屋なんです」

   小倉「会話は?」

   豊川「ないです」(爆笑)

   藤井四段の次の対戦は、7月2日。相手は佐々木勇気五段(22)。リポートの平野早苗が「イケメンで、目が大きくて可愛い」というが、それは関係ない。本人は「連勝を止める気で臨みます」と言っているそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中