2019年 9月 20日 (金)

子離れの適齢期はいつ? 「卒母宣言」したマンガ家・西原理恵子さんに聞く

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「私、お母さんを卒業します」というマンガ家・西原理恵子さんの「卒母宣言」が、女性たちに驚きと共感を広げている。子育てと家事と仕事に奮闘する母親を16年間にわたって描いてきた新聞連載マンガ『毎日かあさん』を、実の娘が16歳になったのを機に終了し、きっぱりと宣言したのだ。「親の務めは終わり、あとは好きにさせてもらおう」と言い切ったことが、現代の親子関係に一石を投じた。

   武田真一キャスターが「あなたはできますか」と問いかける。「ちょっと早いのでは」「もうちょっと関わりたい」「子どもどもが30歳になったら一人暮らしをさせて、私も卒母するなか」などと、街で聞く反響はさまざまだ。子の就職先から結婚相手まで探す親も珍しくない時代、子離れの極意と卒母宣言にこめたメッセージを西原さんに聞いた。

干渉し合わない家族

   西原さんは一男一女の母で、連載を始めたのは下の女の子が生まれてすぐだった。自身の奮闘模様をコミカルに描いた。「息子の学校は毎日弁当、さーて今日は残り物、あったっけ?」「母は朝寝坊で30秒弁当」といったセリフがポンポン飛び出す。

   西原さんは長女の日和さんが16歳になると、朝起こすのも弁当を作るのもやめた。演劇の稽古で深夜に帰宅しても「居場所さえわかっていればいい」と口出ししない。「元気ならそれでいい。個人が幸せならいい」との考え方だ。長男の雁冶さん(18)は「同居人という感じで、お互いに干渉しあわない」という。

   雁冶さんが16歳でアメリカに留学したいと言いだした時に、西原さんは快諾して費用も出した。「ただし、留学先や進路は自分で決めるようにさせた」そうだ。雁冶さんは「放任してくれたので自立した人になりたいと思った」という。

   西原さんが口を酸っぱくして言ったことがある。

   お母さん嫌いと言われれば「はい、嫌いで結構」。家を出たいなら「18歳からOK、ただし、独立するなら月20万円以上の収入をめざして準備すること」。勉強や資格のためのおカネは出す代わりに、子どもたちには自分で稼ぐ力をつけるように伝えてきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中