モモイロペリカンと打ち解け、大はしゃぎする大野智

印刷

   「天才!志村どうぶつ園」(2017年6月24日夜7時~・日本テレビ系) 嵐・相葉雅紀のレギュラー番組。7月1日公開の主演映画「忍びの国」番宣のため、嵐リーダー・大野智がゲスト出演。相葉が威嚇されるほど毛嫌いされた鳥をまんまと手なづけ、番組乗っ取りを口走るほど鳥に好かれてしまった。

   千葉県印旛沼で、20年間漁師と一緒に漁に出る名物鳥がいることを聞きつけ、大野が単独リポート。大野は釣りが趣味。かつて釣りに来たことのある印旛沼でスタッフに「釣り禁止」を言い渡され、「釣りなしじゃ、行く意味なくないすか?」と不機嫌そうだったが、ホトトギスの泣き声に出迎えられテンションが次第に上がってくる。出迎えてくれたのは、漁師の平山孟夫さん。20年前のある日、1羽のモモイロペリカンを発見。魚をあげたことから懐き、「ガー」と名付けて自分の子供のようにかわいがってきたという。遠目で見たときは「え、やばいやついるじゃん」と巨体(体長142センチ)におっかなびっくりだった大野。「せっかくなんで記念にさわってあげてください」と促され、恐る恐る手を出すが、初対面で警戒したガーが巨大なくちばしでボイコットし、なかなか触れない。大野は「ガーくん、 ガーくん、ほら」と優しく声掛け、「噛まれても大丈夫」という説明を信じてボディータッチに再挑戦。が、やはり全く触らせてもらえず、その場にしゃがみ込んで「これ、相葉くんがやればいいじゃん。何で俺がやんの?」とへこんでしまう。相葉は11年前、同番組でモモイロペリカンへの餌やり体験をしたが、巨大なくちばしに片腕を飲み込まれてパニックに陥り、逃げ回った苦い体験がある。

偶然上くちばしのタッチに成功

   「くちばし撫でっと嬉しがるよ」という平山さんのアドバイスで、「ガーくん、大丈夫だ、友達になろう」と言いながら再トライ。すると偶然上くちばしのタッチに成功。そのまま手のひら全体でくちばしを優しくスリスリ。されるがままの姿に「よーし、打ち解けた」と大野もにっこり。その感触はというと 、「スーパーで買う刺身の下の部分。薄い発泡スチロール系」と説明。「初めてでこれだけさわれれば、すごいですよー。(気が)合いそうだね」という平山さんのお墨付きに気を良くし、くちばしから頭部までなでなで。「(気が)合いそうっすよね」とご機嫌ついでに、カメラ目線で「相葉ちゃん、俺(志村)どうぶつ園やろうか?」と軽口まで叩く始末。「俺、けっこうイケたわ」とすっかり調子に乗り、「相葉ちゃん嫌われっぱなしで終わったんでしょ。(2匹に威嚇されて終了した)。 ああ、じゃ、  ここまで打ち解けなかったわけだ」とドヤ顔全開に。

   ガーについてあれこれ質問している間、ガーが大野の右足に何度も噛みついてくる。甘えているのかと思いきや、実は空腹で餌の催促だったことが判明。漁場に移動、定置網をあげる。大漁に大野も大興奮。「うおー、すげー、すげー。うわー、すげー。うわー、うわうわ、すっげー」と歓声しきり。ウナギ、ナマズ、フナと一つ一つ名前をあげていく。ガーが一口で魚を丸飲みする様に驚いた大野、思わず「味の違いってわかるんすか?」と質問。するとエビやナマズが嫌いで、丸飲みできない大型のマブナもパス。大好物は外来魚のブルーギルやモツゴだという。平山さんに促され、大野も餌やりに挑戦。小魚を両手に載せたまま投げてやると巧みにキャッチしてゴックン。「うまい、すっげー器用だな」と舌を巻く。「ほら、食え食え」と手から直接くちばしへ。「うわー、ははは、楽しーい。ほら食え。やっぱね、手であげると全然違う。かわいい。痛くない。ちょっと(くちばしで)挟まれても、むしろ気持ちいい」とすっかり気に入った様子。下のくちばしが「たも」のように広がるのを見て感心したり、そのたも部分が裏返るほどの大あくびを見たりの新発見に目を白黒。童心に帰って大はしゃぎする大野に大いに癒されたのだった。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中