2018年 8月 21日 (火)

「西田敏行 薬物疑惑」ウソ情報拡散で書類送検!広告料稼ぎの業務妨害

印刷

   「俳優の西田敏行に薬物疑惑、まもなく逮捕」--という虚偽情報をネットで拡散させたとして、ブロガーの男女3人が偽計業務妨害容疑でおととい5日(2017年7月)に書類送検された。「人の興味を引くような記事を掲載して、広告の閲覧数を伸ばし、広告収入を増やしたかった」と供述している。

   西田は1年以上前から妙な噂に悩まされていた。ある週刊誌が昨年5月に「某大物俳優に薬物疑惑」と書き、それを受けてネットで「大物俳優って誰?」「西田敏行じゃないの」と根拠のない情報が拡散し、次第にエスカレートして「まもなく逮捕」「暴力を振るう」という書き込みが増えていたからだ。

   西田は「シャブ中ではございません」と笑い飛ばしていたが、出演番組への問い合わせなどもあり、所属事務所は昨年8月、警視庁に被害届を出した。

虚偽情報に尾ひれつけ面白おかしく

   司会の小倉智昭「私は積極的にはネットを見ない人なんですが、それでも西田さんのこの噂は知ってましたものね。普通は国民的大スターの西田さんがまさかと思いますよ」

tv_20170707145452.jpg

   ITジャーナリストの三上洋氏は「ネットに虚偽情報を流して書類送検されるケースは増えていますが、今回はその行為が偽計業務妨害、つまり西田さんの事務所の仕事を邪魔したというもので、このパターンは珍しい」と解説する。

   送検された3人は情報を自分のブログにまとめて書き込んでいた。虚偽や別の情報を勝手に結びつけて面白おかしく書く。これがまとめサイトで、話題性と有名人が揃えば、たちまち拡散する。閲覧の数が増えれば、広告収入も増える。

   小倉「信ぴょう性がないものも混じってるってるということですか」

   三上氏「信ぴょう性はほぼないです。掲示板に『誰々じゃないか』と書いたのを、『掲示板には誰々と書いてありました』と書く。『調べてみました』というのはネットで検索しただけ」

   そんな情報は独り歩きを始めるわけだ。笠井信輔ニュースデスクは「やっかいなのは、こんな情報あるよと悪意なしに書く人もいることなんです」

   小倉「ダメージは当人にしかわからない。強烈ですからね」

100万ビューで10万~30万円の収入

   問題の広告料はどれくらいかというと、ブログでは10万ビューで5000~1万円。100万ビューで5万円から10万円。これが動画だと、10万ビューで1万~3万円、100万ビューで10万円から30万円だという。

   三上氏は「少額のようですが、ちょっとした話題だと100万ビューは軽くいく」という。

   送検された3人と同じような情報を書いた人はほかにも何人もいる。てっていそうさしてほしい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中