国会参考人招致、「官邸の意向あった」と前川・前文科次官 「和泉洋人補佐官が『総理のご意向』代弁」

印刷

   森友学園の小学校と加計学園の獣医学部新設--「もり・かけ」と言われる2つの疑惑に「総理のご意向」はあったのかどうか。昨日大阪と東京で、疑惑のキーパーソンと言われる2人が証言した。まずは、東京......。

   衆参両院での閉会中審査に参考人招致された前川喜平・前文科事務次官は、「背景に官邸の動きがあったと思う。初めから加計学園に決まるように、プロセスを進めてきたというふうに見える」と断言した。

   また、萩生田光一・官房副長官が示唆したと記された「総理のご意向」文書は、「次官在任中に目にした文書に間違いない」とした。前川氏はまた、官邸で「総理の口からは言えないから私が代わっていう」と言われたとして、和泉洋人補佐官の名をあげた。その和泉氏の出席を、政府は拒否した。

   しかし、当の萩生田氏も当時の文科省の担当者も「記憶にございません」の一点張り。文書自体も「確認できない」と、午前の衆院、午後の参院の審査でも全くブレなかった。前川氏は「探せば出てくる文書だと思う」と言ったが、全くの水掛け論。

   ただし、嘘も暴かれた。安倍首相と加計学園の加計孝太郎氏との関係を、萩生田氏は先月の国会で「最近の報道で知った」と答えていたが、大串博志氏(民進)が2013年5月の萩生田氏のブログに、総理、加計氏、萩生田氏が談笑している写真が出ていると、突きつけた。しかし萩生田氏は「腹心の友とは最近知った」と突っぱねた。

   前川氏に、加計学園を推すよう働きかけた人物は他に、木曽功・前内閣官房参与(現・加計学園系の学長)と、藤原豊・前内閣府審議官がいる。藤原氏は「記憶にない」、木曽氏は審査に出ていない。

   そもそも審査の場に安倍首相はいない。「連合審査は疑惑の中心人物の外遊中を狙った」と野党は臨時国会の開催を要求した。

   もう1つ、山場は前川氏と菅義偉官房長官とのやり合い。菅氏は前川氏を「地位に恋々とした」と会見で非難していたのだが、民進党の蓮舫代表の質問に、菅氏は「そう思っていた。報告があった」と答え、これに前川氏が、「全く事実に反します」と蹴飛ばし、議場から「おー」と声が上がった。

「官邸と読売新聞の記事は連動」と前川氏

tv_20170711124142.jpg

   また、前川氏の「出会い系バー」通いでも、菅氏は前川氏を非難していたが、これに前川氏は、「官邸と読売新聞の記事は連動していると感じる。国家権力とメディアの関係は非常に問題がある」と噛みついた。

   終わって自民党の竹下亘・国対委員長は、「何も新しいことが出てこない。これじゃあ意味ないよね。国会でやるべき議論じゃない」と言った。「記憶にございません」とキーパーソンの出席拒否では動くはずがない。が、動くものはあるだろう。世論だ。

   読売新聞--首相のお友達新聞と言われる--の世論調査で、内閣支持率が36%、不支持が52%と出た。その不支持の理由では「首相が信用できない」が49%と最大だった。この日の国会ニュースを見たら、もっと支持率は下がるだろう。安倍内閣の支持率は、「他にいい人がいない」が支えだったんだから。

   司会の小倉智昭「記憶がなくなる方が多い。こういう人たちに重要事項を任せておいていいのかと思ってしまう」

主役が不在の審査に

   ゲストの印象を聞くと、時事通信の田崎史郎氏は、「平行線」。政治アナリストの伊藤惇夫氏は「やはり『主役』に聞きたい」だった。伊藤氏は、「世論調査を見ても、総理への不信感が高まっていて、いまだに説明もしていない。主役が総理、準主役が和泉補佐官、この2人が出ていないから、納得いかない形で終わった」という。

   伊藤氏「和泉氏について菅官房長官は、聞き取りをした結果『総理からの指示はなかった』と、国会で答弁している。しかしつぶやいたかもしれないし、勝手に忖度したかもしれない。キーパーソン隠しと言われても仕方がない」

   小倉「なぜ出てこない?」

   田崎「これまで、補佐官、内閣参与は国会で答弁したことがない。意思決定のラインじゃなくて、総理のスタッフだというのが与党側の論理」

   そんな中、中谷元・元防衛相が、新たに「政治家が耳を傾けるべき5文字」を出した。カキクケコになっていて、家内のいうこと、厳しい意見、苦情、見解の異なる人、最後が「こんな人たち」とあった。「こんな人たち」とは、都議選でのヤジに首相が「こんな人たちに負けるわけにいかない」といった人たち。

   伊藤氏は、「家内のいうことは聞かないほうがいいかもしれない」(笑)

   小倉「前川さんの言葉は信じられるという人はけっこう多い」

   伊藤氏「菅さんははじめに人格攻撃をしたので、引っ込みがつかなくなった。森友学園問題で、それに成功していたから」

   次はその森友だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中