2018年 9月 24日 (月)

「謎の光」の正体はLED電飾つけたスカイダイバー! 埼玉各地で目撃され大騒ぎに

印刷

   「おととい10日(2017年7月)、埼玉県の各地で目撃された謎の光、その正体らしきものが判明しました」と岩本乃蒼アナが伝えた。

   「何あれ? 宇宙人?」。おととい午後8時半ごろ、川越市の上空で撮影された光。ゆらゆらするような、カーブするような、落下するような。一体何なのか。約10キロ離れた桶川市でも見られた。まるで炎のように見える。「やばいね、やばいね」。このほか、上尾市、さいたま市、狭山市、吉身町でも目撃された。

   国立天文台の縣秀彦准教授は「最初は『火球』と呼ばれる現象かと思いました。『火球』とは特に明るい流れ星のことです。まっすぐでなく、カーブして流れているので、どうも違うものだと思われます」と話していた。

一時は未知の空中現象かと

tv_20170712131325.jpg

   UFO番組プロデューサー矢迫純一さんは「飛行機でもなさそうですし、本当に未知の現象だと思いますね。よくこれを捉えましたね。一言でいうと、UAPですね。日本語でいうと、未知の空中現象、未確認空中現象っていうんですかね。つまり、UFOとは断定できないんですよね」

   そこで、「スッキリ!!」のリポーター、中山美香がきのう夕方、現場へ行ってみた。桶川市街地から見えた謎の光の位置を絞って進んでいくと、荒川河川敷のある飛行場に着いた。飛行場に聞くと「お騒がせして申し訳ございません。スカイダイビングをしていました」とあっさり釈明。謎の光が目撃された時間は、スカイダイビング団体のテストが行われていたという。夜間にLEDの電飾を身にまといスカイダイビングをすると、地上からどう見えるのか、というテストだった。「今後、テストの際は広く周知されてから行いたいと思っています」ということだった。

   司会の加藤浩次「結果は、スカイダイビングとは。でも、撮影した人は、あれっと、びっくりしたでしょうね。UAP(未確認空中現象)ではなかったようですね」

   意外な、ひと騒がせな一夜だったようだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中