2019年 8月 21日 (水)

ヒアリより深刻!外来種クビアカツヤカミキリで大被害・・・桜や桃が枯れる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   桃や桜を次々と枯らす外来種・クビアカツヤカミキリの被害が深刻だ。徳島県板野町の桃園ではまるで青梅のような小さく萎んだ桃しか実らなくなってしまった。幼虫は2~3年かけて木の内側を食い荒らす。木は水分や養分を摂ることができなくなり、幹に大穴が開く。

   東京・あきる野市では150本の桜のうち60本がやられ、市環境政策課・吉岡克治係長は「枝が折れて利用者の上に落ちる心配があります」と話している。

中国、台湾、ベトナムなどから侵入

tv_20170714163941.jpg

   クビアカツヤカミキリは中国、台湾、ベトナムなどに生息している。日本では5年前に愛知県で初めて確認され、瞬く間に全国に拡散した。森林総合研究所の加賀谷悦子チーム長は中国の木製梱包材などに寄生していた幼虫が、輸出品とともに日本国内に入ってきた可能性が高い」という。

   環境省は9月(2017年)ごろまでに「特定外来生物」に指定し、飼育や運搬などを原則禁止にすることにしている。国内の研究機関もフェロモンで成虫をおびき寄せ、まとめて駆除する方法や、新たな殺虫剤の開発を始めている。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中