ゲーテが愛した街、ドイツ・ワイマールを歩く

【世界ふれあい街歩き 「ワイマール~ドイツ~」】  BSプレミアム 07月18日(火) 20:00 ~20:59

印刷
tv_20170710151234.jpg
(C)NHK

   ドイツ中部のワイマールは、大詩人ゲーテが最も愛した街。そして、20世紀民主主義憲法の先駆けといわれる、「ワイマール憲法」が生まれた土地。

   「古典主義の都」として世界遺産に登録されている街並みを歩き進むと、あちこちでゲーテの格言を目にする。宝石店のショーウィンドウには『あなたはその手の中に何をつかむのか』、傘屋さんの店内には『雨が降りたければ降らせておけばいい』―「ゲーテの格言は現代にも通用するのよ」と、誇らしげな街の人たち。美しき言葉に囲まれた街の魅力を味わいながら、今なお、自由な精神を大切に受け継ぐ人々と出会う。

*世界ふれあい街歩き 「ワイマール~ドイツ~」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中