もっとおいしくお酢を飲む!「酸っぱい+酸っぱい」で夏バテ防止

印刷

   お酢の健康・美容効果はよく知られている。内臓脂肪、血圧、血糖値をグンと下げ、さらにこの時季は夏バテ防止の効果も高いということで、古野晶子アナが「夏こそビネガー。おいしいとり方を紹介します」とお酢情報を集めて来た。

   まず、飲む酢を14年前から提唱している醸造会社社長・内堀光康さんに、「お酢は何で割ったらおいしいか」を聞きに行った。岐阜・八百津町の工場で古野アナが試してみる。お湯は「まろやかになります。お水で割るよりトローンとした感じ」でいけた。次に甘酒は「これ、ちょっとまずい。甘いだろうと思ったら、酸っぱいのが攻めてくる感じ。合わないですねえ」

   内堀さん「甘味で酸っぱさは抑えられません。かえって、酸っぱさが強調されてしまいます」

   同様にスポーツドリンク割りもNGだ。最悪は緑茶。古野アナはいまにも吐き出しそう。タンニンとお酢は最凶の組み合わせらしい。紅茶、コーヒーもタンニンが含まれるので合わない。

グレープフルーツやトマトジュースと相性ぴったり

   「酸っぱいものと酸っぱいものを合わせると、お酢のツンとしたところがなくなります」と、内堀さんがスタジオでドリンクを作ってみせた。一つは「グレープフルーツレモンビネガー」で、グレープフルーツ(大1個)を絞り、米酢(大さじ1)、レモン汁(小さじ2)を加えたものだ。ゲストの中村江里子(タレント)は「いい感じです。おいしい」とゴクゴク飲んでいる。

   もう1品は「トマト&ビネガー」。トマト(1個)を皮ごとすり下ろし、レモン汁(小さじ1)、オリーブ油(小さじ1)、はちみつ(小さじ1)を加え、こしょうを振る。ゲストの岩尾望(フットボールアワー)が恐る恐る飲む。「トマトが苦手なんですが、全然いけますね」

内堀さん「お酢にはトマトの香りを消すという特徴があります」

   トマトをすり下ろす手間を省いて、100%トマトジュースでも作れるんじゃないかな。

ポテトチップス、チーズにちょい足し

   古野アナが突然、「ちょい足し選手権!」と騒ぐ。「巷では、ちょっとお酢をかけるとおいしくとなるいわれるものがあります。本当にそうか、実際に試してください」とスタジオに並べたのは7種類の食材だった。まず、ポテトチップスは「おいしい。普通においしい」(井ノ原快彦キャスター)

   古野アナ「そうなんです。揚げ物には合うんです。から揚げにもかけたりしますから」

 

   チーズとししゃもにお酢をかけた柳澤秀夫キャスターは「いいよ。まろやかになっておいしい」と合うようだ。

   評判が悪かったのはアイスクリーム、スイカで、赤だしみそ汁にいたっては「なんだこれ!」と井ノ原は顔をしかめた。そうめんつゆに入れた岩尾はすすったとたんにむせ、「冷麺なんかだとすっぱくても大丈夫なのに、そうめんにはちょっと強すぎるね」

   まあ、いずれもわざわざお酢をかけることもないように思えるが・・・。

カズキ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中