安倍首相の任命責任問われる「稲田防衛相辞任」かばい続けた1年

印刷

   稲田朋美防衛相(58)はきょう28日(2017年)に辞任した。安倍首相の寵愛を受け、当選3期で行革担当相に抜擢され、その後も自民党政調会長、1年前には防衛相と異例のスピード出世を走り続けたが、再三にわたって言動が問題視されていた。

   陸上自衛隊トップの岡田俊哉陸上幕僚長と黒江哲郎防衛事務次官が相次いで辞任の意向を固めたため、追い詰められた稲田防衛相は8月3日に予定されている内閣改造までもたなかった。

   タレントのテリー伊藤「都議選で自衛隊を政治利用する発言をした時点で辞めていれば・・・」

閉会中審査での集中砲火回避

   なぜこのタイミングでの辞表提出となったのか。政治アナリストの伊藤惇夫氏は「特別防衛監察の公表結果を受けて、閉会中審査が来週行なわれる予定で、野党から集中砲火を浴びる恐れがある稲田防衛相を出席させないため」と見ている。

tv_20170728132852.jpg

   今後は安倍首相の任命責任が野党から追及されそうだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中