2018年 12月 17日 (月)

元五輪代表・立石諒、メドレー日本記録更新を祝福 「胸を張って帰ってきて」

印刷

   ロンドン五輪競泳男子平泳ぎ200メートル銅メダリストの立石諒が30日(2017年7月)ツイッターを更新し、30日に行われた世界水泳2017男子400mメドレーリレー 決勝で日本代表チームが日本記録を更新したことを祝福した。

   立石は2009年にローマで開催された世界選手権のリレーに出場し、当時の日本記録を更新していた。今回、自身の持つ記録が更新されたことについて、

「2009年の日本記録。あの時の僕たちの記録を抜いていった彼らに全てを託したいと思った」

とコメント。また選手たちに対して、

「彼らにとって最高の環境作りや1人でも水泳を好きになってもらって見てもらえるように引退した僕たちが頑張ろう。そう思えるレースを見せてくれた選手たちに感謝」

として、「お疲れ様でした。胸を張って帰ってきてね」と結んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中