生誕80周年の加山雄三祝う企画で盛り上がり 30年ぶり出演の萩原健一は声が出ず残念!
〈FNSうたの夏まつり~アニバーサリーSP~〉(フジテレビ)

印刷

   今年も夏の風物詩「FNSうたの夏まつり」が放送された。今回は「アニバーサリーSP」と題し、デビュー〇〇周年のアーティストたちが総出演。デビュー25周年の大黒摩季を皮切りに、デビュー5周年のA.B.C-Zと乃木坂46。さらにデビュー45周年の谷村新司と郷ひろみ、デビュー15周年のタッキー&翼、森山直太朗、そして、デビュー50周年の森山良子へと続いた。森山良子を祝うため、高校時代からの友人としてマイク真木が登場、お互いのヒット曲を「この広い野原いっぱい」と「バラが咲いた」を2人でコラボした。
   ほかに、生誕80周年の加山雄三を祝う企画では、加山のこれまでの歴史を振り返るとともに、竹中直人や高見沢俊彦、斉藤和義、水曜日のカンパネラ、石井竜也らが登場し、加山の名曲をコラボ。それぞれ加山とのエピソードを披露するなどで盛り上がった。
   今回の目玉はフジの音楽番組に30年ぶりに出演する萩原健一ということで、大トリで登場したが、声があまり出ていなくて残念。久々に歌うのだからフジも引っ張り出すだけでなく、ボイトレでもつけてあげればいいのに。デビュー30周年の工藤静香、森高千里、岸谷香の夢のスペシャルコラボも、ママ友のカラオケという感じ。「アニバーサリーSP」と言いながら出てくるメンツはいつも同じだし。唯一、石丸幹二らミュージカル界のスターが歌うディズニーメドレーは良かったが、桑田真澄の息子Mattがピアノ演奏したのは謎。
(放送2017年8月2日19時~23時18分)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中