エアコンは24時間つけっ放しでOK 熱帯夜を乗り切る快眠術

印刷

   台風一過の次は「スーパー猛暑」。東京でもきょう(2017年8月9日)の最高気温は37度の予報で、寝苦しい夜になりそうだ。番組は熱帯夜を乗り切る「エアコン快眠術」を紹介した。

   2015年8月の東京23区内の調査では、熱中症による死亡数は日中が14人、夜間も14人だが、うち屋内の死亡者の90.3%がエアコンを使用していなかった。

司会の国分太一「エアコン、苦手の人も多いですからね」

   そこで、吉田明世アナが東京疲労・睡眠クリニック院長の梶本修身医師に聞いた。まず「寝ている時もエアコンはつけっ放しでいいのか」という質問。途中、切るという人もいるが、梶本医師によると、「タイマーはNG、24時間つけっ放しのほうがOK」ということだ。

   日中の熱が建物に畜えられて、エアコンを切ると、部屋の温度が上がり、就寝中は「危険」のセンサー機能が感知できないので、そのまま死亡した例もある。

   温度はどれくらいがいいのか。筋肉や脂肪によって違うが、男性25~26度、女性は26から27度が快適。

扇風機を併用して空気を循環

tv_20170809131951.jpg

   扇風機はエアコンとの併用がベストで、部屋内の空気の循環のため、天井に向けて首振りをするのがいい。ずっと体の一部に当てていると自律神経が乱れるという。

   エアコンをつけっ放しで朝起きて「体がだるい」という人がいるが、原因は冷えすぎなので、掛け布団をしっかり掛けること。首から上は冷やし、下半身は温めると寝付きがいい。喉が痛いという人はマスクを着用するといい。

吉田「きょうは夜中も27度から28度と熱帯夜の予報です。是非参考にして下さい」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中