サニブラウン選手、200メートル準決勝で2着 18歳157日、史上最年少での決勝進出

印刷

   陸上の世界選手権で、サニブラウン選手(18)が男子200メートル準決勝で2着に入り、日本人として14年ぶりの決勝進出を決めたそうだ。

   「見事なレースでした。スタートの反応は7選手のうち、一番悪かったんですが、そこから追い上げて2着でゴールイン」(小倉智昭キャスター)

   サニブラウン選手の年齢は18歳157日で、史上最年少での決勝進出となるという。

猫の額みたいなグラウンドで練習した高校時代

tv_20170810130420.jpg

   「池袋の城西高校のときから、ボクずっと応援してたんですが、猫の額みたいなグラウンドで、ちゃんとしたトラックで走るのは週に一回とか二回だった。そんななかでずっと頑張って基礎トレーニングを積んだ」(小倉)

   3月に高校を卒業したサニブラウン選手は、9月からアメリカの名門、フロリダ大学でトレーニングする予定だという。

   「その前に明日の決勝が楽しみです」(小倉)

似顔絵 池田マコト

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中