さるかに合戦の猿に、「殺カニ」容疑!? もしも昔話を訴訟にしたら...?

【昔話法廷】  Eテレ 08月15日(火) 09:30 ~09:30

印刷
(C)NHK
(C)NHK

   「もしも、昔話の登場人物が訴えられたら...!?」

   おととしから夏にお送りしているこの番組は、子どもたちになじみの深い昔話をモチーフにした法廷ドラマシリーズ。検察官、弁護人、被告人、証人のやりとりを、一人の裁判員の目線で描く。

   第8話は「さるかに合戦」。かにの母子が、体を砕かれ殺された事件。逮捕されたのは猿。まだ青くて硬い柿を、殺意をもって執ようにぶつけたのだ。罪を認める猿に、検察官は「残虐極まりない」と死刑を求める。一方、弁護人は、猿が十分に反省し更生していること、衝動的な犯行で計画性がないことを主張。「猿は生きて償うべきだ」と訴える。 他では見られない異色法廷劇。ぜひご期待を!

*昔話法廷「"さるかに合戦"裁判」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中