2018年 11月 17日 (土)

鈴木福4人兄弟姉妹を引き連れて相場は託児所状態に

印刷

   「天才!志村どうぶつ園 今話題の動物にみんなが会いに行くSP」(2017年8月12日よる7時~・日本テレビ系)  嵐・相葉雅紀がレギュラー出演する動物バラエティー番組。今回は2時間スペシャル版での放送だ。まずはスタッフ、キャスト総出の定例会議からスタート。相葉に、かつて訪れた静岡・伊豆のシャボテン公園が割り当てられる。動物が以前よりぐっと増え、パワーアップしたというふれこみに心躍らせる相葉。ゲストは、子役の鈴木福とその兄弟姉妹。土屋アンナ一家など子連れロケが多いことから、「最近僕、託児所みたいになってません?」と思わず相葉がツッコむ場面も。猿が多いことから猿似のタカアンドトシの同行も決まった。

   まず入り口でびっくり。「伊豆シャボテン公園」が「伊豆シャボテン動物公園」になっている。「シャボテンの数より動物の数の方が勝ったのでは?」と推測した相葉。ここは120種800匹の動物に見て触って触れ合えるがウリだ。鈴木福(13)、長女・夢(10)、次男・楽(4)、次女・誉(1)と、4人揃っての初仕事だという。早く動物に慣れてもらおうと、クロカンガルーの丘へ。相葉が餌やりのお手本を見せる。えさのドングリの葉っぱで引き付け、食べ始めたらすかさず胸などを触る。以前放送した回で、相葉がカンガルーの男性器をグッグッと引っ張ってやったら、たいそう喜んだ体験談があり、ここでも再現することに。ところが赤ちゃんカンガルーが母親の袋から顔を出している親子カンガルーはいるが、オスはいないという。がっかりする相葉。ニギニギ話を聞いて「変態でしょ」と福。「キンタマさわりたかった」と残念がる楽に「じゃ、おじさんの触れば?」とトシを差し出す相葉。お下品ワードもセクハラ発言もいい人キャラの相葉にかかると、受け取り方が違ってくるのが不思議だ。人徳か?

   ここのメインイベントは飼育員のガイドがつくボートでの島巡り。途中、ミーアキャットの直立不動姿勢やモモイロペリカンの泳ぐ姿、シロテテナガザルやリスザルの綱渡りを間近で見ることが出来る。ワオキツネザルの島に上陸。餌の入った入れ物を揺らし音を出してアピールすると、猿が餌欲しさに肩に飛び乗ってくる。乗っかられて満面の笑みを浮かべる福。「楽」という名前を付けているのに楽は人一倍の怖がりで、後ずさりしてばかり。もっとも「大丈夫だよ」とお手本をみせる相葉は、猿が乗っかった途端、顔を引きつらせて身動きできず。一番のビビリは相葉で決まりだ。

チンパンジーを餌で釣る

   今回の目玉はチンパンジーの島。相葉が昨秋訪問した際、運動不足のチンパンジーのため、ボルタリング・タワーを作りあげた。だが、熱さ厳しい夏場とあってどのチンパンジーも見向きもせず、元気よく壁を駆け上る姿は見られそうにない。結局餌で釣ることに決定。かき氷に大喜びするチンパンジーたち。つかみはOKだ。食べ物に強い執着心を持つ古株のココちゃんに餌を横取りされてばかりの新入り、ピンキーに何とかえさをあげようというのが、ミッションだ。ドローンで冷凍ミカンをつりさげ、ボルタリングの壁へ誘導。うまくできたらご褒美に冷凍ミカンをあげる。食い意地の張ったココちゃんはいの一番で成功。その姿を真似て奥手のピンキーも挑戦。一生懸命大声を張り上げ声援をおくる鈴木兄弟。何とかよじ登り、ミカンゲットに成功。体を揺らして大喜びするピンキーに相葉も満足気だった。

知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中