2018年 9月 23日 (日)

真木よう子、「セシルのもくろみ」視聴率低迷に「向かい風上等」

印刷

   女優の真木よう子が17日昼(2017年8月)ツイッターを更新し、出演中のドラマ「セシルのもくろみ」の視聴率低迷について言及した。

   真木は投稿で、視聴率低迷でドラマの打ち切りが濃厚になった、などと報じる記事のURLを貼り付けた上で、

「こんにちわ!いきなりだけど、向かい風上等よ!!!!」

とコメント。17年7月放送開始の「セシルのもくろみ」は、初回視聴率5.1%からスタートし、先週5回目の放送時には3.8%と視聴率が低迷。これに対して強気な姿勢を見せた。

   真木の投稿のリプライ(返信)欄には、

「負けんなぁ~!」
「それでこそ、真木よう子。」
「こっちもやる気が出て来ました向かい風上等!」

と応援のコメントが寄せられた。

   だが、17日夜に放送された第6話の視聴率は、スポーツ各紙の報道によれば3.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。どうやら、向かい風はまだまだ続くようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中