2018年 9月 24日 (月)

取り上げた番組スタッフも半信半疑「そんなことでホントにお金稼げるの!」

印刷

   最近ちょっと面白い働き方をしている人がいるそうです。そうか、それも仕事になるのかと感心したのは「生きていることが何でも屋」。ある時は「地方年を豊かにするコミュニティーデザイン」なるもので人と人とを結びつける仕事をし、またある時は「リフォームのワークショップ」を開催しているかと思えば、「ミカン農家の手伝い」をしている時もある。何でもやるのが生業という、フリーターとも違う意識の働き方です。

   働き口は1つではない。いくつもできるんだったら、自分が好きなものをチョコチョコやって人生楽しもうというスタンス。ある番組で出会った方なのですが、最初はスタッフもなかなか概念がピンと来なくて、困ったものでした。

気ままに旅してリポート送信するだけ

   次は、なるほどその手があったかという仕事。「旅を仕事にする」とかで、SNSで誰でも情報を発信することができる時代に目を付けたビジネスです。旅をしながら記事を執筆したり、写真や動画を撮影してきたりするだけで、交通費や宿泊費がタダになり、ギャラももらえるというのです。

   たとえば、「海外リゾートの高級ホテルに泊まってリポート」や「地方大学のイベントを現地観光しながらリポート」などなど。取り上げた番組スタッフは「世の中そんなに甘くないだろう」と言っていたのですが、スタートアップとしては成功しているんだそうです。

引っ張りだこ!キャビンアテンダントの副業

   こういう働き方を考えついたのはカシコイと思った例もあります。キャビンアテンダント専用副業支援サービス。利用者はずばりCAのみという限られたビジネスなのですが、美人現役CAさんが始めた会社です。世界各地で今どんなモノが流行っているのかもチェック済、さらに現地でリサーチしてくるのもお手の物、また容姿端麗、語学堪能のCAはイベントなどで来日したVIP対応のコンパニオンにもなれるということで需要があるらしいのです。

   どちらのビジネスも新しい働き方としては楽しそうだし、自分のスキルを活かすことができそうです。これまでにない働き方を休日にしている人、これから増えてきそうな気がします。

モジョっこ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中