2018年 11月 17日 (土)

あなた何時間寝てる? 寝不足気付かぬ「睡眠負債」仕事・生活レベル低下し万病の引き金

印刷

   おそらくほとんどの日本人が「睡眠負債」を抱えているはずだ。「ちょっと睡眠不足」が積み重なった状態で、体も脳もそれに慣れて、不足していることに気づかず危険な病気の引き金になっていく。

   瀬田宙大アナが報告する。「日本人の4割は睡眠時間が6時間以下なのですが、これでは睡眠は足りていません。アメリカのペンシルバニア大学の研究では、睡眠6時間が2週間続くと、徹夜を2日したのと同じくらいに仕事や生活レベルが低下していました。しかし、6時間睡眠グループは『とくに眠い』という自覚はありませんでした」

   宮城県の住民2万4000人を対象にした7年間の追跡調査では、6時間睡眠の女性は7時間寝ている女性より乳がんの発症率が1.67倍高かった。睡眠が十分でないと免疫細胞の働きが低下して、がん細胞が増殖するからだと考えられている。認知症の原因物質の一つアミロイドβは日中に発生し、寝ている間に排出されるが、これも睡眠時間が短いと溜まる一方になってしまう。脳卒中、心筋梗塞、高血圧、肥満、うつ病も睡眠負債が大きく影響することがわかってきた。

大人も7時間以上は眠りましょう

   では、何時間眠れば十分な睡眠といえるのか。睡眠評価研究機構代表の白川修一郎さんは「成人は7時間前後、高齢者は短くなるといっても5時間は切らない方がいいでしょう。子どもは8~10時間は必要です」と説明する。

   さらに、眠りの質も大切だ。白川代表は「寝る」と「眠る」は違うという。「ベッドや布団に入っている時間が睡眠時間というわけではありません。ちょっとした刺激では起きない、ちょこちょこ目が覚めないなど安定した眠りが、本当の睡眠時間です」(白川代表)

   本当の睡眠をしっかり取るためのコツは「寝入りのメリハリ」だという。まず、眠りやすくするホルモンのメラトニン濃度が高いときに眠りに就くように、生活パターンを改善する。メラトニンは夜10時から朝6時に多く分泌される。「でも、寝る前のスマホやテレビに夢中になると、目から光の刺激を受けるばかりではなく、脳を興奮させてメラトニンを抑えてしまいます。寝る前はぬるめのお風呂に入るなんていうのがいいですね」(白川代表)

寝だめでは解消できない

有働由美子キャスター「睡眠負債というぐらいですから、休日にいつまでも寝て、まとめてドーンと一括返済ではダメなんですか」

白川代表「睡眠負債は単なる睡眠不足ではなく生活習慣ですから、一括返済はできません。平日に30分でもいいから早く寝る習慣をつけるなど、とにかく生活パターンを改善してください」

   睡眠負債による経済損失は、日本全体で15兆円にもなるそうだ。

井ノ原快彦キャスター「エエッ、そんなに! でも、なんか寝てないと自慢するってない? 3日も寝てねえよなんて・・・」

有働「ある、ある」

井ノ原「寝てない人がエライなんていうのはもうやめて、みんな寝よう」

世界的にも日本人の睡眠時間は短い。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中