2018年 9月 23日 (日)

英国・キャサリン妃が第3子を妊娠 ジョージ王子、シャーロット王女、今度は?

印刷

   イギリスのキャサリン妃が第3子を妊娠したとイギリス王室が昨日4日(2017年9月)、発表し、この喜ばしいニュースにイギリス中が沸いたそうだ。

   ウィリアム王子とキャサリン妃の間には、4年前の2013年に第1子のジョージ王子が誕生。その2年後、シャーロット王女が生まれた。

   「計画的(出産)なんでしょうね。やっぱり、間がちょうど2年ずつくらいでしょ」(小倉智昭キャスター)

tv_20170905151834.jpg

   「性別は男の子、それとも女の子? また出産予定はいつなのだろうか」(「とくダネ!」ナレーション)

   今回、出産予定日や性別などの詳細は未公表だそうだが、AP通信によると、妊娠3カ月未満と見られ、来春ごろ、出産の予定ではないかという。

   第3子の名前の候補として、巷で人気があるのは、男の子ならば「ジェームズ」「フィリップ」、女の子は「アリス」「アレクサンドラ」などだそうだ。

似顔絵 池田マコト

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中