難民申請の審査の現場 重くなっていく負担、合否を下さなければならない重圧...

【BS世界のドキュメンタリー シリーズ 難民と向き合うヨーロッパ「難民審査官 決断のとき」】  BS1 09月13日(水) 00:00 ~00:49

印刷
(C)Marcus_Winterbauer
(C)Marcus_Winterbauer

   400人ちかくの審査官が、年に75万件を超す難民申請の認定作業にあたっているドイツ。

   「仕事は複雑・困難になるばかり」と、現場の負担は重い。中近東の戦乱や迫害から逃れてきたと語る申請者たち。張り詰めた面談、そして、分かれていく合否...。

*BS世界のドキュメンタリー シリーズ 難民と向き合うヨーロッパ「難民審査官 決断のとき」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中