火災に弱かった電車の屋根!沿線の火事が小田急線電車に燃え移り、乗客避難する騒ぎに

印刷

   きのう10日(2017年9月)午後4時過ぎ、東京・代々木の小田急線参宮橋―代々木八幡駅間で沿線の火事が走行中の電車に燃え移った。電車は緊急停止、乗客300人が線路に避難した。けが人はなかったが、突然の車両火災に遭遇したらどう対応したらいいかを考えさせる騒ぎだった。

   火は3階建てのボクシングジムから出て、電車の屋根に広がり、炎上した。映像では屋根から真っ赤な炎と黒煙が上がる。車内にも白っぽい煙が充満し始め、「ゴホンゴホン」という乗客の咳が聞こえた。思わぬ事態のためか「一番後ろの車両までお越しください。避難誘導しますので」という車内アナウンスも乱れがちだ。沿線の住民が撮った映像には「あ、電車が燃えちゃった」「中、人いるもんね」と驚きがまじった。

火事に気づかなかった運転士

tv_20170911111025.jpg

   運転士は最初気づかなかったらしく、駆けつけた警察官が非常停止装置を押して、電車をいったん停止させた。火事に気づいた運転士が電車を前進させたが、停止装置が作動していたため踏切に入れずに再び停止。ここから脱出劇が始まり、全乗客が線路を歩いて避難した。小田急線は5時間余り、運転を見合わせた。

   鉄道ジャーナリストの梅原淳さんは「電車で一番弱いのは屋根」「もう一つ弱いのは火災感知で、乗客が知らせてくれることを前提にできている」と指摘した。映像の中には「運転士、開けろ、開けろ」とドア開放を呼びかける消防士らしい声も記録されていた。

   堀尾正明アナ「首都圏の電車が燃えたのは見たことがない。乗客は恐怖に包まれたと思いますよ」

   カンニング竹山(お笑い芸人)「電車の中って逃げられない」

   雪野智世(フリーアナ)「乗客は指示を待つだけでいいのかな」

   司会の国分太一は夏休みで、真矢ミキと堀尾アナが「最も安全なイメージが電車にはありますけどねえ」と声をそろえていた。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中