斉藤由貴さんも不倫を認める「本当のことが言えなかった」 モルモン教からは除名されず

印刷

   女優斉藤由貴さん(51)との不倫を、横浜市の50代の医師が認めたのに続いて、斉藤さんも昨日11日(2017年9月)、長文のファックスで不倫の事実を認め、関係者に謝罪した。これにて一件落着、ということだが、この件では、古い自撮りのキス写真が流出するなど、腑に落ちないことが多い。

   斉藤さんのファクスは、週刊誌の報道を受けた会見で嘘をついたことを詫びて、「子供たちが目にすることを考えると、本当のことをお話しできなかった」。また相手の医師については、「女優としても、女性としても頼りすぎてしまった。でも、もう終わりにしました」とあり、「先方のご家族には申し訳ありません」

   自身の家族については、「主人にはありのままを話し謝罪しました。今は子供達のことをだいいちに考えようと話している」。モルモン教には、除名を願い出たが、止められた。仕事のペナルティは覚悟している、とあった。

お互い話し合って決めた

tv_20170912123419.jpg

   相手の医師は、「スッキリ」のインタビューに応じて、昨日(11日)の番組で放映された。斉藤さんと話し合って、決めたことだという。

   司会の加藤浩次「お互いがコメントして、終わらせている」

   湯山玲子(著述家)「子供とお母さんの絆を強くしていくほかない」

   ウエンツ瑛士(タレント)「(斉藤さんの)仕事が見たいですね。これがモデルケースになるのは、ちょっと違うかなと思う」

   加藤「どういうこと?」

   ウエンツ「不倫した時の最善の終わり方、みたいになっているのは、違うと」

   加藤「『スッキリ』でも報道してます。が、なんで尾をひくのかな。お互いが認めたら、何も言うことがないんですよね」

   ロバート・キャンベル(国文学研究資料館館長)「お互いがどう道を開いていくか」

   加藤「お互いご家族がやることで、我々が言うことはない」

   散々流しておいてそれはなかろうよ。そんなこと言ったら、そもそも不倫して何が悪いという話だってありだし。

   湯山「何であんなプライベートな写真までがでてしまうのか、気持ちが悪い」

   加藤「これから調べると言ってますね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中