「朝鮮ミサイル」米国メディアも速報!東アジアの緊張高まると危機感

印刷

   けさ15日(2017年9月)の北朝鮮のミサイル発射を「世界的にこれをどう考えているのか」(司会の小倉智昭)。ニューヨーク支局の川原浩揮記者は「発射の一報を受け、全米各局も速報でこのニュースを伝えはじめました。CNNに関しては1時間ほど、このニュースを続けています」と伝えた。

   ニューヨークタイムズは「North Korea Launches Another Missile, Escalating Crisis」(北朝鮮がミサイル発射、緊張高まる)と報じ、北朝鮮が今年だけで22回もミサイルを撃っており、ミサイル発射のペースがあまりにも早いと指摘している。

2度目の発射で扱い大きく

tv_20170915125335.jpg

笠井信輔ニュースデスク「2週間ほど前(のミサイル)とくらべて、反応はどうでしょうか」

川原「明らかに今回のほうが反応は早かったですし、扱いも大きいという印象があります」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中