2018年 5月 24日 (木)

「おしっこして2分後に...」 柔道・高藤直寿、抜き打ちドーピング検査を報告

印刷

   リオデジャネイロ五輪男子60キロ級銅メダルの高藤直寿は13日(2017年9月)ツイッターを更新し、抜き打ちのドーピング検査を受けたことを報告した。

   高藤は、

「久しぶりの抜き打ちドーピング来ました。おしっこして2分後に...」

とまさかのタイミングで検査が訪れたことを報告。この投稿に対しては、同じ男子柔道選手の志々目徹は、

「俺もきた笑」

とコメント。これに高藤は「柔道狙いやね」と一言で返していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中