2018年 9月 19日 (水)

線路の飛び石ぐらいで割れる?首都圏の走行中電車の窓ガラス連続破損

印刷

   きのう21日(2017年9月)、走行中の電車の窓ガラスが相次いで破損する事故が起きた。午前9時ごろ、JR東海道線の川崎駅―品川駅間を走っていた電車の厚さ5ミリの強化ガラス製窓ガラスにヒビが入り、しばらくして割れた。午後には、東急東横線の妙蓮寺駅でも電車の窓ガラスにヒビが入っているのが見つかった。

   東急によると、窓ガラスが割れる原因には、線路の敷石が跳ねる「飛び石」や、外から石などが投げられる「投石」が考えられるという。司会の小倉智昭は「飛び石ぐらいじゃ割れないような気がしますけどね。どうなんでしょう」と投石にいたずらを臭わせた。

tv_20170922150205.jpg

| 似顔絵 池田マコト

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中