中学生をコンパニオンに派遣した札幌の女性会社役員を逮捕 バイト料3時間8000円

印刷

   女子中学生をホテルの宴会などにコンパニオンとして派遣していたとして札幌西警察署は昨日(2017年10月4日)、派遣会社役員斎藤美紀容疑者(42)を児童福祉法違反容疑で逮捕した。中学生用に、ビールの注ぎ方をイラストで示したマニュアルまで作っていた。宴会の客は気づかなかったんだろうか。

   調べによると、斎藤容疑者は今年(2017年)1月から8月にかけて、女子中学生8人を24回、札幌市内のホテルの宴会にコンパニオンとして派遣していた。会社の募集要項には「18歳~30歳くらいまで(高校生不可)」となっているが、中学生は13~14歳だった。なぜ中学生を?

   「ビビット」は、この夏コンパニオンとして働いたという16歳の少女の話を聞くことができた。「先輩の紹介。友達は結構やってる。日当5000円から8000円が魅力だった。仕事が終わると手渡しでくれた」という。面接では、年齢確認は一切なく、すぐ合格。その日にホテルに行ってそのまま働いたという。

   アルバイト料金は、2時間で5500円、3時間で8000円だった。さらに、中学生の友人を紹介するよう持ちかけ、1人につき1000円~2000円を払っていた。

ビール、タバコなどの接客マニュアル

   会社には「初めてお仕事へ行く方へ」と書いた接客マニュアルがあった。

tv_20171005120226.jpg

   1)「ビール」 「おつぎいたします」と言って、つぐ。残りが3分の1になったら、再度つぐ。

   2)タバコを吸うお客様に、火をつけてあげる。「火をおつけします」火と煙はお客様に向けない(危険)。

   3)2時間ずーっと笑顔でいること......といった具合に、7項目があった。ビールでは、イラストがあって、ラベルを上にする、左手を添えるなどの注意も。

   HPには、「週1日からでも働けます」「テーブルマナーや接客、言葉遣いも自然と身につきますので、社会に出てもきっと役に立ちます」とある。まさに学生向けがバレバレ?

   斎藤容疑者は採用担当で、面接では年齢も聞かず、すぐに化粧、ヘアメイクをさせ、ドレスに着替えさせて宴会場に派遣していた。話をした少女には、その後も斎藤容疑者からLINEで、「次はいつ入れる?」などの連絡が入っていた。

   また、別の20歳の女性は、「事務所はかなり人手不足で、ドレスが入りそうな体形で、裸眼かコンタクトだったら、即採用というような方針でした」といった。

   斎藤容疑者は概ね容疑を認めているが、「高校生だと思った」と言っている。しかし、宴会で年齢を聞かれたら、「20歳以上」と答えるように指示をしていたという。

   司会の国分太一は、「13歳というと、少し前は小学生。ホステスというのが憧れの職業の中に入っている中、8000円と仕事の魅力もあったんですかね」という。

   真矢ミキ(キャスター)「同性が関与するというのはショック」

   堀尾正明アナ「客だって、中学生とは思わなかったんじゃないかな」

   テリー伊藤「北海道のアルバイトの時給の平均は、大人も含めて880円。中学生には破格ですよ。すると今度は風俗の方へ行くかもしれない」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中