「私の大好きな言葉」 白鵬、横審特別表彰で贈呈の「書」に感激

印刷

   大相撲の横綱・白鵬は4日(2017年10月)ツイッターを更新し、横綱審議委員会(横審)から歴代最多勝記録更新を記念した書が贈られたことについてコメントした。

   白鵬は7月の名古屋場所で、魁皇(浅香山親方)の通算1047勝を塗り替え、1050勝まで記録を伸ばした。横審は10月4日に両国国技館で、この偉業を称える特別表彰として記念の書を贈呈した。

   白鵬は同日の投稿で、「私の大好きな言葉夢運心という字を書いていただきまして、大変うれしく思っております」と感謝。その上で、

「2007年63連勝の時に土俵王の盾をいただきまして今回で2度目になります」

と前回の記念額贈呈にも触れ、今後の目標について、

「豊かな心で運をつかんで夢を叶えると目標を掲げてがんばろうと思っております」

と送られた書にかけてコメントした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中