瀬戸康史、舞台本番直前にブログ更新 「期待と緊張から震えております」

印刷

   俳優の瀬戸康史(29)が4日(2017年10月)夕にブログを更新し、主演を務める舞台「関数ドミノ」初日の本番直前に自らの心境をつづった。

   瀬戸は「今、本番前にこのブログを書いているのだが、スマフォをタッチする指が期待と緊張から震えております」と吐露。続けて、

「稽古期間の1ヶ月はあっという間で、それはとても充実した芝居づくりが出来ていたからだと今は思う」

とコメントした。「沢山の方に観ていただき、どのような事を思い、考えるのかとても興味がある。各地でお待ちしております」と呼び掛けている。

   「関数ドミノ」は、変わった交通事故をきっかけに起こる奇跡を検証していく物語。瀬戸は事故の目撃者で主役の「真壁」役を演じている。ブログで瀬戸は、演技にあたって「芝居だけど、芝居をしない」をテーマにしたと明かしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中