難病PLSに侵されて 変えたのは、未来の見つめ方

【ハートネットTV ブレイクスルー File.88】  Eテレ 10月09日(月) 20:00 ~20:29

印刷
(C)NHK
(C)NHK

   「病気になったけど、今が一番幸せです」

   そう語るのは31歳のとき、100万人に1人の難病PLS(原発性側索硬化症)と診断された、落水洋介(おちみず・ようすけ)さん。自分をありのままに発信したブログ、インターネット動画などで注目され、講演に年間で50回ほど招かれる。

   PLSは神経がおかされ、徐々に身体が動かなくなり、数年で寝たきりになる難病。絶望のどん底にある落水さんに、手を差しのべたのは双子の兄だった。人と触れ合う中で、「最悪な未来ではなく、明るい未来を見よう」と考えるようになった。思いを持ち、笑顔で仲間の輪を広げてネットワークを築こうと奔走する姿に迫る。

ハートネットTV ブレイクスルー File.88「100万人に1人の笑顔 難病PLSを生きる 落水洋介」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中