2019年 7月 20日 (土)

長友佑都、屈辱のハイチ戦ドローに「成長へ繋げられるように...」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   サッカー日本代表DF長友佑都は11日(2017年10月)ツイッターを更新し、3-3の引き分けに終わった10日のハイチ戦についてコメントした。

   ハイチ戦で日本は前半に2点を先制するも、守備の連係ミスもあり失点が重なり、後半33分に2-3と逆転される。その後、試合終了間際にMF香川真司のゴールで辛うじて同点に追いついたが、課題の残る試合となった。1試合3失点はハリルホジッチ監督の就任後ワーストだ。

   こうした試合について長友は、

「勝利できず残念でしたが、昨日得た課題を克服し、成長へ繋げられるように努力します」

とコメント。その上で、

「昨日は試合後、横浜の日産スタジアムから羽田空港へ直行し、今ドイツのフランクフルトに着きました。ミラノに帰っても厳しい戦いが続きますが、頑張っていきます!」

と前を向いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中