2018年 8月 17日 (金)

メンバーからプレゼントされた迷彩柄グッズがあふれ「もういい!」と櫻井翔

印刷

   「メレンゲの気持ち」(2017年10月14日ひる0時~・日本テレビ系) 嵐の櫻井翔が7年ぶりにゲスト出演。10月14日にスタートした主演連続ドラマ「先に生まれただけの僕」の番宣出演だ。まずは日常生活を披露。休みの日は、お昼前に起きて、シャワーを浴び、ジムでトレーニング。その後は映画に行ったり、買い物したりする。「基本的に自分で買い物し、ネットショッピングはやらない」そう。その理由は「その(ネットショッピング)歴史がない」から。こと買い物に関しては、ガチガチの保守派らしい。たとえば薬局で買い物してもまず顔バレすることはないが、ティッシュ、洗剤、シャンプーなどを買うと、どうしても嵐メンバーがCMをやる商品ばかり選んでしまう。「そうすると、確かにレジの方が僕に気づいたとき、『おいおい、全部嵐のやつ(商品)じゃないか』とはなるかも(笑)」と苦笑い。

   他にも休みが2日あったら、アジアなど近場の海外へ出かけることや、同じ大学の後輩であるセクシーゾーンの菊池風磨を自宅に呼ぶほど可愛がっていること、先輩の岡田准一から「千葉に日本刀見に行かない?」と鍛冶職人の仕事場見学に行こうと誘われたが都合が悪くて行けなかったことを残念そうに語った。

   その後、巷に流布する櫻井の噂を本人にぶつける「嘘か、まことか、櫻井翔の3大ミステリー」コーナーへ。ジャニーズ事務所の後輩でレギュラーのHey! Say! JUMP・伊野尾慧が「実は迷彩柄が嫌い?」と質問。「嫌いっていうか、もういい!」と櫻井。「迷彩柄が好きな印象が強い」と反論した伊野尾に、櫻井は「ある番組でプライベートの洋服が迷彩柄だったことを面白がったメンバーが、その時からつい最近まで誕生日のプレゼントを4人とも迷彩柄縛りのものをプレゼントしてくれるようになった」と告白。バッグや洋服などが「どんどん家の中に溜まって」いき、二宮和也から「やっとみつけたよ」と言われてプレゼントされたサングラスは、つるの内側に迷彩柄が入っていた」と明かした。

行きつけは立ち食い蕎麦屋

   「行きつけは立ち食い蕎麦屋」という噂に、「本当」と笑う櫻井。せっかちなうえに多忙な櫻井は、待ちたくないし、すぐ食べたいという理由から、立ち食い蕎麦屋によく行くそうだ。女性も若い人もいないので、顔バレすることもなく気兼ねなく食べられるのも理由の一つ。お気に入りはかけそばの温泉卵のせ。最近ハマっているのは、つけ麺スタイルでそばにラー油が入っているもの。ドラマの撮影中、ずっとラー油を入れて食べていたそうだ。

   伊野尾が「ロールケーキが好きすぎて、たこ焼きの具に入れてるという噂がある」とつめよると、櫻井は「それは違いますよ」と激しく否定。「正確に言うと、僕は食べさせられてるわけです」と主張した。大阪でコンサートに行った際、ケータリングの他にスタッフがたこ焼き器を搬入してくれた。そこで、相葉雅紀が店長、大野智、二宮がバイト店員にふんして、たこ焼き屋をやったのだという。3人は紅ショウガや櫻井の好物のロールケーキ、マヨネーズの替わりにプリンを入れてたこ焼きを作り、櫻井に差し出した。結果は「意外とね、うまい」だった。「あんなことずっとやってるんですよ」とニヤニヤ。嵐の仲の良さをアピールしたのだった。

   

知央

        
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中