2018年 5月 23日 (水)

頭にくる交通トラブルワースト5「追い抜かれ」「割り込み」「クラクション」

印刷

   「危険な運転による新たな事故が明らかになりました」と司会の羽鳥慎一が伝える。今年(2017年)8月、京都府中京区で乗用車を走行中にオートバイに至近距離からクラクションを鳴らし、接触、転倒させた男(56)が危険運転致傷などで起訴された。

   男は150メートル手前からあおり運転し、オートバイの2人は重軽傷を負った。男はそのまま逃走したが、近くを走っていたタクシーのドライブレコーダーの映像に写っていた。男は「嫌がらせをして怖がらせようと思った」と供述している。

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「本当に悪質ですよね。昔、オートバイに乗っていましたが、事故のときは身体1つで放り出されるわけですから」

カナダでもロードレイジ、中国では路怒族

tv_20171018114658.jpg

   日本だけでなく、海外でも無法ドライバーが社会問題になっている。カナダでは「ロードレイジ」(怒れる運転者)、中国では「路怒族(ルーヌーズー)と呼ばれている。

羽鳥「交通トラブルでイラッとすることは誰でも経験があると思いますが、どんな時にイラッとしますか」

   街で聞いてみると、(1)軽自動車に抜かれること(2)車間距離を取っているのに割り込み、しかもハザードランプなし(3)追い越し車線なのに遅い(4)渋滞の合流で1台ずつなのに、2台目が割り込む(5)踏切前で一時停止しているのにクラクション。

話して分かる相手じゃない。無視して警察に通報

   イライラ運転でなぜ攻撃的な運転になるのか、筑波大学の湯川進太郎准教授は「運転者は自分と車と一体化して、大きい車だと自分も大きいと錯覚するんです。相手の顔が見えないので攻撃しても良心が痛まない」と指摘する。

   交通問題に詳しい高山俊吉弁護士の解説をもとに羽鳥がまとめた。「トラブルに巻き込まれたら、とにかく停車しない、高速道路では左に寄せ走り続ける、話をして解決しようとしない、警察に連絡することです」

   要するに、相手にしないということだが、ああいう手合いは無視されるとかえって逆上するから、ご注意を。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中