2018年 10月 16日 (火)

「二所ノ関親方」自転車転倒し救急搬送!脳内出血で5時間の開頭手術

印刷

   きのう19日(2017年10月)午後4時20分頃、千葉・船橋市の路上で、大相撲二所ノ関親方(元大関若嶋津)が倒れているのを通行人が見つけ病院に搬送された。頭を強く打っており重体だ。

   親方はこの日の朝、弟子の稽古を見守った後、日課にしている近くの銭湯(サウナ)へ自転車で向かった。発見された場所は二所ノ関部屋から700メートルほどで、サウナから戻る途中だったらしい。倒れていた自転車には損傷がないため、事故などではなく、何らかの原因で転倒したとみられる。

   二所ノ関部屋の南忠晃さん(元小結大徹)によると、手術は開頭して5時間かかり、現在もICUで安静状態だというから、相当なダメージだったのだろう。脳内に出血があったという。

危険!寒いときのサウナで水分不足

tv_20171020115313.jpg

   東京相撲記者クラブ会友の山崎正さんは、「体調には人一倍気をつけていた人だし、なんでだろうと思います。二所ノ関部屋という大所帯を抱え、相撲協会の審判部長という重責もあったから、負担ではあったと思います」と話す。

   きのうは今季最低気温で、船橋は11度だった。サウナとの寒暖の差には注意が必要だと、医師は警告する。テリー伊藤(タレント)は「一部報道では、倒れる前にフラフラしていたといいますから、サウナで水分を十分に取らなかったのかもしれませんね。西城秀樹さんもサウナが好きで、倒れたのもサウナの後でした」

   部屋のおかみさんの元歌手・高田みづえは病院から戻って笑顔を見せていたが、来月(11月)の12日から九州場所だ。弟子も気が気ではないだろう。早い回復を。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中