<アウト×デラックス>(フジテレビ系)
珍人・矢幡洋の「仰天スーパー買い物」惣菜もポケット突っ込み・・・袋もらわないとポイント貯まる

印刷

   常識から外れたアウトな人々をゲストに、マツコ・デラックスと矢部浩之がいじりまくるバラエティだ。今回は41冊も著書があるのに貯金ゼロの心理学者・矢幡洋氏が、5か月ぶりに登場した。前回の放送では、矢幡氏の衝撃の極貧生活が明らかになったが、まだまだ想像を超えるアウトな光景が待っていた。

   矢幡氏はスーパーで買い物をすると、「袋をもらわないとポイントがたまるので」と、買ったものをすべてかばんや衣服のポケットに突っ込む。惣菜パックなどもズボンのポケットに直接入れていて、汁がもれないか、見ていて心配だ。

   1個100円の「カロリーゼロ」のゼリーも購入していた。「極貧生活というわりには、けっこうお金を使ってませんか」とスタッフが質問すると、「ダンサーでもありますから、体型を維持しないと」という。聞けば、コンテンポラリーダンスを25年も続けており、発表会に参加したこともあるらしい。

目下の目標は東大大学院博士課程合格

   アマゾンから荷物が届いた。段ボールを開けると、価格980円のかき氷器が出てきた。取材時は夏だったので、かき氷器でかき氷を作り食費を浮かせるのだという。しかし、1週間後にスタッフが自宅を訪れると、かき氷器は使われていない。「なんだかいじるのが億劫になってしまって」と矢幡氏は苦笑いしている。ゼリーといい、かき氷器といい、何かピントがずれている。まあ、これが常識アウトということなのだろう。

   矢幡氏は現在、東京大学大学院博士課程合格に向けて猛勉強中なのだという。その理由も「著書がもっと売れるようになるため」と、やっぱり頓珍漢だ。院生になったからといって本が売れるわけではなかろうに。本人は常に大マジメで、番組は合格するまで追い続けるらしいので、今後が楽しみだ。(10月12日深夜11時15分)

バード

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中